メンズの革財布の最高峰の素材とも言える「ワニ革」。よくある牛革の財布とは一線を画していて独特なワイルド感&高級感がありますよね。まさにメンズ財布の王者とされています。

実は私も数年前にワニ柄(クロコダイル)の黒のジッピーウォレットを買ったことがあるのですが、シーンによって今でも使う事があります。メインの財布ではないのですが、ハイエンドな男を演出したい時にかなり重宝しています。

ワニ柄の財布が気になっているけど、どんな種類があってどんなメリットがあるのかわからない人がいませんか?特に気になるのは値段ですよね。高くて一般人は手を出せない?と思いきや、そんなことはありません。

今回、ワニ革の財布を買おうか悩んでいる方へ、この記事ではワニ革財布の基本的な知識を解説するので参考にしてみてください。

ワニ革の財布に使われている革素材の種類

まず初めにワニ柄の財布に使われている革素材は何種類あるのか?ってとこです。ネットでワニ革財布を調べたことがある人は、商品によってそれぞれ革の模様が違うことに気付きませんでしたか?

使われているワニの種類や部位が異なるため、それぞれの革の模様も違ってきます。このあたりをわかりやすく解説していきます。

まずは革製品として使われるワニの種類を3つ紹介します。

革製品に使われるワニの種類

●クロコダイル(クロコダイル科)
●アリゲーター(アリゲーター科)
●カイマン (アリゲーター科)

主にこの3種類のワニが革製品として使われています。一番多く使われるのがクロコダイルです。おそらくネットの画像で目にしたのは、ほとんどがクロコダイルだと思います。

では、ワニの種類によって革製品にはどのような特徴が生まれるのか?

これに関しては、模様や突起物の大きさが異なることを知っておいてください。極端に変わるわけではないのですが、微妙に変化があります。

次にワニ革製品に使われるワニの部位を紹介します。

革製品に使われるワニの部位

●背中部
●腹部
●頭部
●テイル部(しっぽ)

主に革製品として使われる部位はこの4つですが、ほとんどの財布は背中とお腹の革で作られてることが多いです。背中のゴツゴツした部位の革を「背ワニ」お腹の部位の革を「腹ワニ」といいます

一般的に財布に使われている部位は背ワニか腹ワニなので、背中もしくはお腹の部位を使った財布のみ画像を紹介します。

背ワニを使用した財布はこんな感じです。

画像:rakuten.co.jp

ワニの背中の部分を想像するとわかるかと思いますが、ゴツゴツしていて隆起物がありますよね。その素材を財布に使うと、このようにかなりワイルドな印象になります。そこそこ硬さもあるので丈夫で長持ちするのがメリットです。

次に、腹ワニを使用した財布の画像を紹介します。

画像:rakuten.co.jp

ワニは背中と違い、お腹の革は平たくなっているので、財布になるとこのような感じになります。画像にある鱗のような四角い模様の部分を「斑(ふ)」というのですが、 斑ですべてが覆われていますよね。フラットになるのでスマートなイメージなるのがメリット。この斑の特徴を生かしたい人は腹ワニを選ぶと良いかと思います。

次にワニの種類によって革素材にどんな特徴があるのかを解説します。

ワニの種類による革素材の特徴

●クロコダイル●
斑の模様がほぼ正方形になっていて細かく均一に整っている。あらゆる革素材の中で最も高級とされている。

●アリゲーター●
斑は大きめで少し長方形になっているのが特徴。見た目はほとんどクロコダイルと変わらない。ワニ革の中では中級レベルと言われている。

●カイマン●
革全体がコツ骨質で硬い部分が多いため、クロコダイル、アリゲーターとは違い腹部分はほとんど使われない。そのため使われるのは背中部分なので、ゴツゴツしたワイルドな雰囲気が特徴的。この3つのワニ革の中では一番安価。

このように3つを比較してみると微妙に模様が異なっていたり、硬さが違ったりします。ただ、クロコダイルとアリゲーターはけっこう似ているため、財布のような小さな小物だと区別がつきにくいと言われています。

カイマンは他の2つと比べると一目瞭然で、表面がゴツゴツしています。財布になるとワイルド感がでます。初心者でワニ革の財布であればなんでも良い、こんな人にはカイマンがおすすめできます。

背中部分を革素材として使った時、クロコダイルとアリゲーターはそれほど違いが無いのですが、カイマンだけは独特なゴツゴツ感があり、好みが分かれると思います。

ワニ革の財布のメリットを解説

ワニ革の財布を使うメリットは何か?ってなりますよね。

まず第一に財布に高級感が出ます。おそらく、あらゆる革財布で最もハイエンドだと言えるでしょう。かなり財布の存在感が強いため、会計で財布を出した時に目立ちます。なので財布を強調したい人にはおすすめできます。

高級感が強いため、財布だけでリッチな気分になり、また、周りからは「この人お金持ってそう」と思われるでしょう。これもメリットの1つです。ちなみに芸能人でワニ革の財布を使っている人はみんな一流です。そんなリッチな芸能人にあやかりたいなら使う価値はあります。

ただ、デメリットとしてはワニ革の財布は使う人を選ぶということです。高級素材を使ったワイルドな財布なので、そこそこイケてる男性じゃないと似合わない?ってことになりがちです。

ですが!自分に自信のある人、もしくはワニ革にこだわりのある人は躊躇せずワニ革財布を選びましょう。買って後悔することはまず!ありません。

ワニ革の財布の値段は?(相場価格)

ワニ革財布を値段の高い順にすると、クロコダイル>アリゲーター>カイマンになります。

今現在のワニ革財布の相場価格を解説するので参考にしてみてください。

クロコダイルの財布の値段の相場

クロコダイルの財布の価格帯は2万~100万以上です。

2万円クラスのだとどんな作りになる?

まず、クロコダイルの財布の値段はピンキリなのですが、安いものだと2円台で買えます。ですが、この価格のクロコダイルの財布は表面はクロコなのですが、中の部分が合成皮革だったりします。つまり中が人工の革素材なので、こだわりのある人にはあまりおすすめはできません。

ワンランク上げて5万円台になるとどうなるのか?

5万円クラスになると表面はクロコ、中が牛革、このように全部が天然の革素材になります。内装が牛革ってだけでも5万を出す価値はありますよね。

さらに10万円超えになると?

さすがに10万円以上になると表面も内側もクロコの革素材になります。かなり風格のある作りになるのでまさに高級感のある最高峰の見栄えになります。なので、ワニ革にこだわりのある人はやはり10万以上は出したほうが良いでしょう。

100万クラスになると、どこが違うのか?

100万以上のクロコの財布となると、ブランド料が含まれているルイヴィトンやエルメス、こういったハイブランドの財布がほとんどです。無名のクロコ財布なら10~20万くらいで買えるものを8割くらいブランド料で価格を上げているので、このような100万以上の値段になります。

もちろん世界的に有名なブランドなので品質は保証済みだと思いますが、ハイブランドに興味がない人は手を出さないほうが良いでしょう。国内のクロコダイル専門ブランド「池田工芸」でもハイブランドに匹敵する質の高い財布は買えます。

アリゲーターの財布の値段の相場

次にアリゲーターの財布の値段ですが、上のクロコダイルよりは少し安くなります。

アリゲーターの財布の価格帯は2万~10万くらいです。

2万円クラスだと?

アリガーターの財布の2~3万クラスになると、これもクロコと同じく表面はアリゲーター、中は牛革のように、内側は違う革素材が使われることが多いです。

5万円を超えると?

アリガーターの財布の場合は5万を超えると表面も内装もすべてアリゲーターの革になるのがほとんどです。なので、外側&内側もクロコ革の10万の財布と比べると安価なのは一目瞭然ですよね。

10万以上だと?

アリゲーターの財布でも10万を超えるものがありますが、ほとんどがクロコと同じくハイブランドの財布です。だいたい30万~50万以上が目安です。同じくブランド料が8割くらい含まれているので、質は5万~10万台のものとそれほど変わりはありません。

カイマンの財布の値段の相場

最後にカイマンの財布の値段ですが、3つのワニ革財布の中で一番安いです。

カイマンの財布の価格帯は1万~3万くらいです。また、カイマンは背中の部位を使用することがほとんどなので、内側の素材には牛革が使われています。内側に背中のゴツゴツした部位を使う事ができないからです。

1万前後のクラスだと?

カイマンの財布でも1万円前後のものだと、やはり内装が牛革です。

3万円クラスだと?

カイマンの3万円クラスになると何が違うのか?ってなりますが、実はそれほど大きな違いはありません。ラウンドファスナーになっていたり、内装が充実していたりするだけです。やはり中は牛革がほとんどなので、もしカイマンの財布を買う予定の人は、革の模様(デザイン)と内装の充実度だけで判断すると良いでしょう。なので、カイマンだけは値段の価値はお客さんが決める、こんな認識でいいかと思います。

質のいい本物のワニ革の財布はどこで買える?偽物もある?

本物の質のいいワニ革の財布はどこで買ったら良いのか?偽物はあるのか?こんな疑問にお答えします。

まず、ネット市場で売られているワニ革の財布で偽物というのはほとんど存在しません。特にアマゾンや楽天では偽物はほぼゼロと言ってよいでしょう。

ただ、牛革を型押ししてクロコダイルの財布に見せかけた財布はかなりの数が流通しています。(ネットで5000円ほどで買えます)この場合は必ず商品のタイトルや商品説明欄に「型押し」と記載されています。

ですが、それって結局は牛革ですよね?本物のワニ革にこだわっている人は、まず買うことはないでしょう。

本題に入りますが、高品質で評価の高い財布はどこで買えるのか?実は質の高いワニ革財布を買うのならクロコダイルの専門店で買うのが一番良いです。

国内に創業70年のクロコダイルの財布の専門店「池田工芸」というのがあります。おそらくクロコの革製品では国内で3本の指に入るでしょう。

ハイブランドのエルメスでも使われている良質のクロコダイルの革を使用しているので、どれも質、デザインが洗練されているのがポイントです。「本物のハイエンドなクロコダイルの財布を探している」そんな人にはピッタリでしょう。

ワニ革の財布は金運が上がる?

ワニ革の財布は金運が良い?つまり風水的にはどうなの?って疑問がある人いますよね。

結論から言うと、風水的には吉だそうです。

なぜかというと、ワニって狙った獲物を捕らえたら決して逃さないで噛み砕いて飲み込みますよね?これを財布に例えると、一度財布にしまったお金をくわえて離さない。

つまり、お金を逃がさない=お金が貯まる

こういった理屈なんです。たしかにワニ革の財布を使っている芸能人ってお金がありそうな一流の人ばかりです。

男性芸能人でワニ革の財布を使っている人を調査したのでチェックしてみてください。

ワニ革の財布を使っている男性芸能人

・浜田雅功(ダウンタウン)
・石田純一(タレント) 
・IKKO(美容家)男性?
・金子賢(俳優) 
・清原和博(元プロ野球選手) 
・秋山成勲(格闘家) 

このように、一流の人が多いですよね。こう考えるとワニ革の財布は金運が上がる?と言えなくはないです。

基本的に風水で良いとされるのは天然の革素材だということがわかっていて、その中でもワニ革は特別なパワーを秘めているのだそうです。これに関しては本で読んだことがあります。

最後に

以上になります。いかがだったでしょうか?

ワニ革の財布はワイルドでお金を持っていそうな雰囲気を与えるので、まさにハイエンドな男性を目指している人ならピッタリの財布になるでしょう。

物によっては値段が跳ね上がりますが、ワニ革はかなり丈夫なのできちんとメンテナンスをすれば何年も使うことができます。高いお金を出して買う価値はありますよね。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事