安い香水に飽きてそろそろ高い香水をまとってみたいと思っている男性はいませんか?

ず~っと安い香水を使ってきたけど、値段が少し高い香水ブランドも気になるかと。

かといって値段が高すぎても買う時に躊躇するかと思います。ですが!高い香水は1本持っているだけでハイエンドな男性を演出できる魅力的なアイテムなんです。そうです、1本所有するだけでいいんです。1本あれば様々なシーンで活躍してくれるので買う価値はありますよね。

また、高級なブランドの香水にはメリットがあります。安い香水にはないメリットです。

高級な香水をまとうメリット

①人とかぶらない
②香りに高級感を漂わすことができる
③聞かれた時に、さりげなく自慢もできる

何と言っても、人とかぶらないのが一番の魅力です。数千円の香水だとかなりの確率で人とかぶることがあります。特に有名な香水だと電車の中で同じ香りがする人がいる場合もあります。

次に、高い香水はそれなりの高級感のある香りがします。この香りが男の品格を高めていくので、自分をランクアップさせることができますよね。これが最も重要です。

最後は、使っている香水を聞かれた時にさりげなく「○○の香水だよ」と自慢できるのも高級ブランドの強みです。値段を聞かれた時も堂々と答えることができますよね。

このようにただ値段が高いだけではなく、メリットがあることを知っておいてください。

それでは!今回はタイトル通りメンズの高級香水ブランドをいくつか紹介させていただきます。

クリード(CREED)

CREED(クリード)は、1760年にイギリスのロンドンにてジェームズ・ヘンリー・クリードにより創設された香水のブランドです。 イギリス生まれの歴史のあるブランドなので品を感じますよね。イギリスの王室の人からも愛用されていたという実績のあるブランドです。現在でも世界の著名人から愛用されているとのこと。

高級香水ブランドの中では日本で最も知名度があるかもしれません。日本の男性の愛用者も多いです。日本で買えるところはアマゾンや楽天のネット通販と高島屋や伊勢丹などの大手百貨店です。

posted with カエレバ

一番人気のある香水は「アバントゥス」です。クリードで一番売れている定番香水なのですが、フルーティーなフレッシュ系の香りに高級感を足したような香りです。紳士な男性のイメージです。

アバントゥスの香りの変化

トップノート:ブラック・カラント、イタリアン・ベルガモット、アップル、パイナップル
ミドルノート:ローズ、ドライ・バーチ、モロッコ産ジャスミン、パチョリ
ラストノート:オークモス、ムスク、アンバーグリス、バニラ

ジョーマローン (Jo Malone LONDON)

ジョーマローン(Jo Malone LONDON)は、1994年に誕生したイギリスのフレグランスブランドです。実業家&ホストのローランド氏がジョーマローンのルームフレグランスを愛用していることで少し話題になったブランドです。歴史はまだまだ浅いですが、ハイエンドなメンズからはかなり支持されています。

ジョーマローンは百貨店などに店舗を構えているので、気になったら香りのチェックをしに行くと良いかと思います。

フレグランス専門ブランドなので香水のラインナップが多いのが特徴。どれをとっても品のある香りなので、自分の個性に合う香水を見つけてみると良いでしょう。

posted with カエレバ

一番人気の香水は「イングリッシュ ペアー&フリージア」 です。 少し甘めでフルーティーなのですが、その中にフリージアの花の香りが漂う、少し大人の雰囲気がある香りです。

イングリッシュペアー&フリージアの香りの変化

トップノート:キングウィリアム ペアー
ハートノート:フリージア
ベースノート:パチョリ

トムフォード(TOM FORD)

トムフォードは2005年にファッションデザイナーであるトム・フォードによって設立されたアパレルブランドです。サングラスやスーツで有名なブランドですが、香水もメンズから高い評価を得ています。

香水の展開は2008年からなのですが、高級感のある香りが多く、ハイエンドな男性を目指している人にはけっこうオススメ。

少し高額な香水なのですが、日本でトムフォードの香水を愛用している男性は実はけっこういます!芸能人でも愛用者がいるくらいです。ユニセックスが基本なので同じ香水でも男性女性共に愛用されているのが特徴です。

posted with カエレバ

一番人気のある香水は「ネロリポルトフィーノ」です。爽やかさがある柑橘の香りが特徴なのですが、香水が苦手な人でも嫌味にならない香りです。女性ウケは期待できる?かもしれません。

ネロリポルトフィーノの香りの変化

トップノート:イタリアンベルガモット、マンダリンオレンジ、シチリアンレモン、ラベンダー、レモンマートル、ローズマリー、ビターオレンジ
ミドルノート:アフリカンオレンジフラワー、ジャスミン、チュニジアンネロリ、トベラ
ラストノート:アンバー、アンブレット、アンゼリカ

バレード(BYREDO)

バレードは2006年にスウェーデンにて創設されたフレグランスブランドです。

香水一つ一つに創設者であるベン・ゴーラムの記憶や思い出が込められており、独自の世界観を持っているのが特徴。ボトルがシンプルなモノトーンスタイルなのも北欧のセンスが感じられ、とても魅力的です。部屋のインテリアとしても活躍してくれるでしょう。

こちらもけっこう高い香水になりますが、めったに人とかぶることがないので自分だけの香りを演出できます。

商品はほぼすべて性別を問わないユニセックスタイプなので男女共に愛用者がいます。

posted with カエレバ

一番人気がある香水は「ブランシュ」です。爽やかさで清潔感がある香りです。

ブランシュの香りの変化

トップノート: ホワイトローズ、ペッパー、アルデヒド
ミドルノート: ビオレット、ネロリ、ペオニー
ラストノート: ブロンドウッド、サンダルウッド、ムスク

イソップ(AESOP)

イソップは1987年に創業したオーストラリア・メルボルン発のユニセックスコスメブランドです。

コスメブランドなのですが香水のラインナップもあり、一部のメンズから支持されています。ハンドクリームやハンドウォッシュがとても心地のよい香りがするので、ユーザーからは香水も注目されました。

お値段は少々お高いのですが、使ったことのある人からは高評価を得ています。

posted with カエレバ

一番人気がある香水は「タシット」です。 ハーブとシトラス(ゆず)が全面に出てくるがウッディな印象もある香りです。 俳優の中村倫也さんも愛用しているとのこと。そこそこ高級感はあるかと思います。

フレデリック・マル(FREDERIC MALLE)

フレデリック・マルは2000年に創業したフランスの香水ブランドです。

フレデリック・マル氏がエルメスやシャネルの香水を手掛けた12名の有名な調香師たちを選び、自由に作らせているのが特徴です。今回紹介している香水ブランドでは最も値段が高いです。

真っ黒のデザインのボトルがどことなく高級感を漂わせていますよね。まさに一流のメンズしかたどり着けないブランドと言えるでしょう。

日本で買えるところはアマゾン&楽天のネット通販と伊勢丹などの百貨店です。気になった人は是非!チェックしてみてください。

posted with カエレバ

アクア・ディ・パルマ(ACQUA DI PARMA)

アクア ディパルマは1916年にイタリアのパルマで創業したフレグランスブランドです。

日本ではそれほど浸透していないブランドですが、イタリアならではの洗練された香りが一部のメンズに支持されています。フレグランスブランドなのでやはり香りに強いこだわりがある人にはオススメ。めったに人とはかぶらないブランドなので、香りに個性を出したい人はチェックしてみてください。

香水の他にもルームスプレーやハンドクリーム、リップクリームなどの商品を展開しています。

posted with カエレバ

少量で毎月違う香水をお試しできる定期便サービスもオススメ

月額1980円で毎月自分が選んだ香水をアトマイザーに入れて自宅にお届けしてくれる便利なサービスがあります。

COLORIA(カラリア) という香水定期便サービスです。人気ブランドの香水を約500種類以上取り扱っていて、会員はその中から選び放題なのが嬉しいところ。会員数はすでに20000人を超えています。

今流行のサブスクの香水バージョンです。(サブスクとは定額制サービスのこと)

気になった人はチェックしてみてください♪

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

香水のランクを上げてみたい人へおすすめの高級ブランドを紹介しました。

どれも世界的に有名な一流のブランドなので気になった人はチェックしてみてください。

高い香水をつけると自分の意識が変わるのでオススメです!

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事