【メンズ】絶対に着てはいけないダサい服10選!完全に流行遅れです。

みなさんが今着ている服は大丈夫?実は本人は気づいていないけど流行遅れのダサい服ってけっこうあるんです。

特に今のアラフォー世代に多いのが90年代に流行った服を今でも来ている人。ファッションはトレンドの移り変わりが早いので、数年経つとダサい服になることがあります。

なので、この記事で紹介する服を着ていたら今すぐ捨てましょう!とまでは言いませんが、、、 ファッション感覚が衰えてきているということなので、できれば着るのは避けたいところ。

それでは!今回は流行遅れのダサダサファッションアイテムを紹介するので参考にしてみてください。

※何がダサい服なのかわからない人は必見です。

男のダサい服① MA-1

画像:amazon.co.jp

さすがに最近はほとんど見なくなったMA-1。これ、アラフォー世代の人ならわかるかと思いますが、90年代にすっごい流行りましたよね。たしかに防寒性は高いのでついつい着てしまいがちですが、かなりの流行遅れなのでできれば避けたいところ。

これは個人的な意見なのですが、今の時代でMA-1を着ている人でかっこいい人を見たことがありません。(40代以降のおじさんでたまに見かけますが、やはりダサいです・・・)

そもそも今現在はミリタリー系のファッションはあまり流行っていません。同時期に流行った軍パンも同じです。

なので!今も部屋のクローゼットにMA-1がある人は捨てましょう!とまで言いませんが、、、着るのはやめましょう。おそらく女性からもウケが悪いと思います。


男のダサい服➁ 裏地がチェックの服

画像:amazon.co.jp

みなさん、こんな服を見かけたことはありません?そうです、裏にチェックなどの柄が入っている服。つまり裏地を別の柄などにしてワンポイントアクセントをきかせている服です。

このタイプの服は10年以上前にブームが終わりました。実は今のメンズファッションの主流は柄が入っているゴチャゴチャした服ではなく、シンプルですっきりしたデザインです。ユニクロのポロシャツを見ればわかるかと思いますが、あれが今の流行りです。つまり何も柄が入っていない服です。

また、このタイプの服は子供っぽく見えてしまうので、大人っぽさをアピールしたい人は避けたいところ。

男のダサい服③ ドクロの入った服

画像:amazon.co.jp

こんなドクロの服を着ている人、昔はよく見かけたのですが、今ではほとんど見なくなりましたよね。つまり、とっくに流行が終わっているということです。

ドクロが許されたのは2010年くらいまででしょう。

自分をいかつく見せたい気持ちはわかるのですが、かなり女性ウケが悪いのでおすすめはできません。

ドクロの服を着ると逆に子供っぽく見えてしまうのと、街ではかなり目立つのでやはりこれも避けたいところです。

また、ドクロの入ったニット帽もNGです!昔かぶっている人いましたが、いかついどころかただのダサ坊になるのでやめましょう!

男のダサい服④ スカジャン

画像:amazon.co.jp

龍や虎の刺繍が特徴的なスカジャンも流行遅れファッションの代表的なアイテムです・・・。これ90年代にすっごい流行りました。スカジャンに色落ちしたリーバイスのジーンズを合わせるという、ちょいヴィンテージファッションが確立されていました。

ですが!今は着ないほうがいいと個人的には思います。なぜなら、今スカジャンを着ている人はファッション感覚のないお兄さんが多いからです。また、どんなにイケメンでも今の時代で着こなすのは至難の業です。

基本的に今現在はこういった類のいかつい系ファッションアイテムは流行らないので、買うのも着るのもやめましょう!スカジャンを着るとかなり目立ち、恥ずかしい思いをするかと。

※ちなみにスタジャンのほうは今でも十分ファッションアイテムとして活用できます。たまに若いメンズがおしゃれに着こなしているのを見かけます。

男のダサい服⑤ 丈の短いピーコート

画像:amazon.co.jp

これは流行りとは関係ないのですが、丈の短いピーコートは全体的なバランスがあまりスタイリッシュではありません。ピーコート系は丈が短いとエレガントさが欠けるんです。

自分を大人っぽく見せたいのであれば、できれば丈の長いコートを着るようにしましょう。丈が長いほうがエレガントな雰囲気になるので女性ウケも増します。最低でもおしりが隠れるくらいの丈がおすすめです。

男のダサい服⑥ リーバイス501系のダボダボジーンズ

画像:amazon.co.jp

ストレートのダボダボジーンズも今の流行ではありませんよね。90年代にリーバイス501の古着ジーンズがすっごい流行ったのですが、さすがに今履いている人見ると・・・あー痛いな~って思ってしまいます。

若いメンズで、たまにダボダボジーンズをうまく着こなしている人はいるのですが、ほとんどの人は失敗しています。失敗しているのはファッション感覚のないアラフォー以降のメンズです。

昔流行ったファッションスタイルにこだわるのは良いことなのですが、やはりトレンドは押さえておきたいところ。

また、下の画像のようにストレートのダボダボジーンズで足首あたりに裾がたまっているのもダサいです。

画像:wear.jp

このタイプの履きこなしも10年前にブームは去りました。昔はこんな人をよく見かけましたが、最近では一部の人のみです。

ダボダボジーンズは若い世代のメンズが履きこなすのですが、それ以外のファッションに自信のない人は、できるだけ細みのジーンズを履きましょう。(ピタピタでもOK)

男のダサい服⑦ 光沢のあるダウンジャケット

画像:amazon.co.jp

光沢のあるテカテカしたダウンジャケットもNGアイテムです。これも10年ほど前に流行っていたのですが、今着ると恥ずかしいのでやめましょう。

私の記憶だと2005年から2010年あたりに流行していました。渋谷とかに行くとテカテカダウンを着ているチャラいお兄さんで溢れかえっていました。

今は廃れてしまったので、買うのも着るのも避けたいところ。

男のダサい服⑧ 七分丈ハーフパンツ

画像:amazon.co.jp

ちょっと前に夏になるとよく見かけた七分丈のハーフパンツ。私は今までこのタイプのショーツは履いたことがありません。なぜならダサいからです・・・。

なぜダサいかと言うと、七分という中途半端な丈が子供っぽく見えてしまうのと、中年のおじさんがよく履いているからです。履いている人に限ってダボっとしています。全然おしゃれではありません。

なので!ハーフパンツを履くなら膝丈にしましょう。短すぎると半ズボンになってしまうので、膝丈もしくは膝よりちょい上あたりの丈を選ぶようにしてください。そっちのほうがかっこよく見えます。

男のダサい服⑨ ワッペンがついたポロシャツ

画像:amazon.co.jp

10年くらい前によく見かけたワッペンが付いたポロシャツ。これも恥ずかしいので避けたいところ。

着ると、なんでワッペン付けてるの?って思われるので・・・って何が言いたいかというと、ポロシャツにワッペンって必要ないんです。今の流行はすっきりとした服なので、変な小細工は邪魔でダサいんです。

ラグビーのポロシャツにも見えてスポーティーな雰囲気はありますが、ファッションの枠からは外れています。

なので!ポロシャツはできるだけ無地を選んでください。

男のダサい服⑩ 古着っぽいTシャツ

画像:amazon.co.jp

古着のTシャツがダメなのではなく、デザインが古着っぽいTシャツはダサいです。なぜなら90年代に古着が大ブームになり、今では時代遅れとなったからです。

この名残なのか、今でもアラフォー以降のメンズで着ている人を見かけます。あ~懐かしいTシャツだ、と思いますが、かなりの確率でダサいと思われるのでこれも避けたいところ。

60~70年代の古着というのは今は流行っていません。完全に廃れてしまいました。

2010年くらいまではギリギリセーフでしたが、今はNGファッションなので注意しましょう。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

もし、この記事で紹介した服を1点でも持っていたら、処分したほうがいい?かもしれません。

けっこうファッションの流行って著しく変化するので常にアンテナをはっておくと良いです。常にファッション感覚を身に着けていないと恥ずかしい思いをするので注意しましょう!※特に女性は男よりファッションの流行に敏感なのでデート時はなおさら注意です。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事