40代になると自分のファッションに自信がなくなる人いませんか。

若い時は流行に合わせて好きな服を着ていたと思うのですが、40代になると・・・周りからおじさんの目線で見られますよね。

でもおしゃれな人は年齢を気にすることなくファッションを楽しんでいます。

自信がある人は歳をとってもおしゃれなんですよね。

そんなおしゃれさんの画像を集めてみました。

今回はメンズ40代の夏のコーディネートを紹介したいと思います。

40代の夏のコーディネート 【厳選12コーデ】

40代になると男のファッションって極端に変わると思いますが、実はおしゃれさんは30代の時にしていたファッションをそのまま継続しているパターンが多いです。

大人の男なのできれい目カジュアルが基本だと考えがちですが、それは間違っています。(ですが一番多いのはきれい目です)

20代で流行っているファッションを40代の人でも着こなしているのが事実です。

それでは厳選した40代の人のコーデを紹介しようと思います。

コーデ① ダメージジーンズに無地Tシャツで男らしさを演出

画像:wear.jp

やはり40代になるとシンプルな着こなしに変化します。

シンプルにダメージジーンズと無地Tを合わせ、足元はビルケンシュトックのサンダルでメンズの基本的なスタイルに仕上がっていますね。

さりげないシルバーのネックレスでワイルドさを醸し出しています。

コーデ② フレッドペリーのポロシャツできれい目コーデ

画像:wear.jp

夏の基本であるポロシャツにジーンズのスタイルです。

これっといった特徴はないのですが、40代になると無難な服を選ぶ傾向があるかもしれませんね。

フレッドペリーはおしゃれさんに愛用されていることがわかります。

コーデ③ モノトーンで仕上げたきれい目コーデ

画像:wear.jp

完全なモノトーンではありませんが、白と黒を基調としたコーデです。

画像のように40代になるとクラッチバッグを愛用する人が増えていきますね。

バッグを手に持ったり、抱えたりすると大人っぽい雰囲気に仕上がります。

コーデ④ 迷彩のショーツがポイントのスタイル

画像:wear.jp

黒ポロシャツに迷彩のショーツ、KEENのサンダルで絶妙なバランスを保っています。

このコーデは個性を感じますね。40代でこのファッションが似合うのがうらやましい限りです。

コーデ⑤ ノースフェイスのロゴTでアウトドア風アレンジ

画像:wear.jp

紫のノースフェイスのロゴTシャツにブルーのショーツで統一感を出しているコーデです。

発色系ではないので40代でも違和感を感じさせません。

足元はシンプルにビルケンシュトックで合わせています。

コーデ⑥ カーゴパンツでアメカジ風コーデ

画像:wear.jp

グレーのプリントTシャツにカーゴパンツを合わせることによってアメカジ風のコーデに仕上がっています。

ちょっと男のワイルドさをアピールできますね。

サンダルは黒のビルケンシュトックで主張しすぎないところもポイント。

コーデ⑦ 全身黒のスポーティースタイル

画像:wear.jp

近年、全身黒のコーディネートの人をよく見かけるようになりましたね。

黒スキニーにオーバーサイズのTシャツを着ることによってバランスを保っています。(上はダボ、下はピタピタ)

アディダスのスーパースターがアクセントになっており、スポーティーなスタイルになっています。

コーデ⑧ ペイントジーンズにコンバースでちょいストリート系に

画像:wear.jp

ペイントジーンズに黄色のコンバースを合わせているこの方には個性を感じますね。

ファッション上級者向きのコーデです。

夏らしい白Tシャツがさりげなく爽やか感を演出しています。

コーデ⑨ フレッドペリーにローブーツで大人っぽいコーデに

画像:wear.jp

フレッドペリーのポロシャツにローブーツを合わせることによって英国の雰囲気を作っています。

さりげなくホワイトデニムで清潔感を演出しているところもポイントです。

コーデ⑩ 白のラコステで涼しげなスタイルに

画像:wear.jp

ポロシャツの定番であるラコステに紺のショーツ、足元は白のスニーカーで夏の定番スタイルになっていますね。

個人的には40代はラコステが一番似合う歳だと思います。

やはり夏は白のコーデが多いですね。

コーデ⑪ ラルフローレンのシャツにチノショーツでカジュアル感を出したスタイル

画像:wear.jp

40代になって人気が出てくるのがラルフローレンです。

若い時は高くてなかなか手が出せなかった人もいるのでは?

茶のレザーのクラッチバッグがさらに大人っぽさを演出していますね。

コーデ⑫ ちょいワイルドなストリート系スタイル

画像:wear.jp

スラッシャーのTシャツに迷彩パンツ、そしてキャップをかぶることによりストリート感が出ているスタイルです。

迷彩のパンツは独特のワイルド感がありますね。

40代の服の選び方

40代となると服の選び方が重要です。

さすがに顔も若い時と比べれば老けているはず。。

20代の時に着ていた服は今はもう似合わないかもしれません。

ですが、40代だからといってこのジャンルがダメということはありません。ファッションのジャンルは年齢が関係ないものが多いです。

ですが、歳をとると今までのジャンルが似合わなくなる時ってあります。

若い時は着こなしていたジャンルでも今着るとはずかしくなったりしますよね。

そんな時は無難に「きれい目コーデ」をオススメします。(もしくはデート用にきれい目の服を持っていると便利)

きれい目カジュアルって癖のないスタイルで女性ウケがいいのと、ちょうど40代くらいの男性が一番似合うからです。

私の場合は10代の時に古着スタイルからカジュアル、アウトドアスタイルを経て今はきれい目コーデに落ち着きました。

やはり、きれい目が一般的にウケがいいことに気付きましたね。

あと、コーディネートがシンプルで簡単なので誰でも着こなすことができるのも魅力です。

夏でも冬でも、ちょっと大人の男性を演出できるので、オススメしておきます!


最後に

40代の夏のコーデを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

やはり40代になるとファッションが落ち着き始めますよね。

20代の時にしていたファッションを今も貫いている人がいますが、ほとんどの人は落ち着いたコーデにたどり着くと思います。

やはり、年齢にはファッションを変える力があるということです。

それでは!よかったら参考にしてみてください。


おすすめの記事