突然、知人からファッションがダサい!と言われたらショックですよね。人のファッションをダサいと言う人は、そこそこファッションに自信がある人です。そんな人からダサいと言われたら素直に受け入れることが大事です。

なぜなら、人は自分のファッションに気付いていない部分があるからです。自分がかっこいい!と思っている服でも、実は自分に似合っていなかったり、サイズが間違っていたりすることがあります。自分では気づかない盲点があるんです。

ですが、ファッションがダサいと言われた人でも大丈夫です。コーディネートを少し変えるだけでいいんです。高いブランドの服なんて買う必要はありません。数千円~1万円台の服でも着こなしによって誰でもかっこよくなるんです。

ファッションの基本はシンプルイズベストです。ファッションに自信がないならシンプルな着こなしをすれば良いだけです。

今回は、ファッションに自信がない男性初心者へ、服装がかっこよくなる解決策(おすすめコーデなど)を紹介しようと思います。

ファッションがダサいと言われたらシンプルな着こなしで!

ファッションがダサいと言われたり、自分のファッションに自信が持てない人は、シンプルなコーディネートを心がけましょう。

変に服装をいじる必要はないんです。誰かの真似をする必要もありません。

なぜなら、シンプルな着こなしが似合わない男はいないからです。

今のメンズファッションは昔と比べるとかなりシンプルな着こなしが多くなりました。街を歩いているとユニクロなどのファストファッション系をよく見かけるようになったのですが、やはりユニクロもかなりシンプルな服が多いですよね?変に柄が入ってないのが特徴です。

このシンプルな服を着こなしている人はコーディネートで失敗することがまずありません。

なぜなら、シンプル系はコーディネートが簡単だからです。

たとえばホストで実業家のローランド氏は、シンプルにスキニージーンズに黒のジャケットを着ているだけのコーディネートです。実はこれ、誰でもできるファッションスタイルですよね?

このコーデでホスト時代は年収億を稼いでいました。お客さんの女性からダサい!と思われていたらここまで稼げなかったでしょう。

このようにシンプルに着こなすと、コーディネートで失敗をすることがなく、女性ウケも良いことを知っておいてください。

下手にアレンジすると失敗します。ただシンプルに着こなすだけで良いのです!

ですが、シンプルなファッションってどうすれば良いの?って思いますよね。

簡単です。Tシャツやジャケットなどのトップスを無地にして細身のパンツを履けば終わりです。簡単ですよね。シンプル系は誰にでもできるのでかなりおすすめなんです。

次にそのシンプルな着こなしの代表的なコーディネートを画像で紹介します。

シンプルな着こなしのコーデ10選

シンプルに着こなしているコーディネートをいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

シンプルなコーデは誰でも簡単にできます。トップスはできるだけ柄の入っていないものを選び、下を細身のパンツ(スキニー系)にすれば完成です。下を細見にすることによって全体的にバランスが取れるので試してみてください。

シンプルコーデ① スキニージーンズにちょい大き目のTシャツコーデ

画像:wear.jp

これはスキニーの代表的な着こなしになります。下を細めにして上を少しダボっとさせると全体的にバランスが取れてスマートになりますよね。

スニーカーはこれも定番のコンバースのオールスター。どんなジャンルのファッションでも合わせることができる万能なアイテムです。

シンプルコーデ② 無地の白Tで爽やかさを演出

画像:wear.jp

今、密かに流行っている無地のTシャツの代表的な着こなしです。特に白Tシャツの場合は涼しげな印象を与えるので、夏場は大活躍します。

下も細見のストレートジーンズで全体的にバランスがとれていますよね。ローファーできれい目感を出しているのもポイントです。

シンプルコーデ③ テーラードジャケットできれい目感を演出

画像:wear.jp

こちらもかなりシンプルにテーラードジャケット&黒パンツで決まっています。スタンスミスのスニーカーでさらにシンプルさが強調されています。

スタンスミスは柄が入っていないので、かない幅広いファッションに合わせることができるので、1つ持っていると重宝します。

シンプルコーデ④ ブルーのシャツで爽やかさを出す

画像:wear.jp

これもかなりシンプルなコーデになっています。ブルーのシャツは1枚は持っていてほしいアイテムです。きれい目カジュアルの人なら夏以外の季節でかなり使えるので、マストアイテムになるでしょう。清潔感のある男性を演出できます。

シンプルコーデ⑤ 白Tシャツにショーツで涼しげコーデ

画像:wear.jp

特に何も特徴のないコーデになりますが、これもシンプルに決まっています。やはり白Tは冬以外に大活躍してくれます。カラーが白なので下に合わせやすいという特徴がありますよね。逆に言えば白Tならどんなパンツでも合わせられるということです。

シンプルコーデ⑥ インナーを無地にすることによってスッキリ

画像:wear.jp

インナーを無地にすることによってかなりシンプルさが強調されているコーデです。カラーもブラック系でまとめているので、落ち着いた印象を受けますよね。黒のスキニーも上手に履きこなしていると思います。

シンプルコーデ⑦ きれい目カジュアルの王道スタイル

画像:wear.jp

こちらも上下無地にしてきれい目感を出しているコーデになります。シンプルにダウンジャケットにタートルネックを合わせているだけなので、誰にでもできるコーデですよね。

シンプルコーデ⑧ アウトドアブランドのジャケットにスキニーの定番スタイル

画像:wear.jp

ノースフェイスのダウンにスキニーを合わせた、アウトドア系の定番スタイルになります。薄い色のジーンズを履くことによって、少しビター系(お兄さん系)のファッションになりますよね。

インナーは無地のスウェットでシンプルさを強調しています。

ファッションがダサいと思われるコーデ3選

次に、ファッションがダサい!?と思われてしまうコーデをいくつか紹介します。

ダサいと思われるファッションの特徴は、サイズ感が合っていないことがほとんどです。コーデで失敗している人のほとんどが、上も下もダボっとしているスタイルです。

つまりサイズ感が合っていないんです。

上下をダボダボにしてしまうと全体的にバランスがとれないので、あまりかっこよくはなりません。

ですが!一部のファッション上級者で上下ダボっとさせる人はいます。似合わないとただのファッションにうといお兄さんになってしまうので、自信のない人はできるだけ避けた方が良いでしょう。

次に上下ダボダボファッションの失敗例をいくつか紹介します。

ダボダボファッションの失敗例①

画像:wear.jp

見ての通り上下がダボっとしていて、バランスがとれていないコーデですよね。Tシャツがオーバーサイズで下のジーンズも中途半端なサイズになっています。

オーバーサイズのTシャツの着こなしの基本なのですが、下はピタピタのスキニーが無難です。そのほうが上下のバランスがとれます。

ダボダボファッションの失敗例②

画像:wear.jp

これも失敗してしまっている悪い例です。上下ともサイズが大きすぎますよね。

しかも古着っぽい服で上下を合わせてしまっているので、あまり清潔感がありません。今現在ではボロボロの古着というのは流行っていません。着こなすには相当のファッションセンスが必要です。

ダボダボファッションの失敗例③

画像:wear.jp

これも同じくオーバーサイズの服で失敗している例です。下を細見にすれば良いのですが、ダボっとしたパンツを履いているので全体的にバランスが悪いですよね。

ちょっと清潔感に欠ける?そんなコーディネートです。

このように上下をダボダボにしてしまうと、周りからダサいと思われてしまうので、サイズ感だけには気を付けて服を選びましょう!

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

ファッションがダサいと言われた人や、ファッションに自信のない人は、シンプルな服装を心がけること、もう1つはサイズ感に気を付けること、この2点が重要です。

この2つのルールを守れば、コーデがピシっと決まるはずなので、服を買いに行く時はこのルールを思い出してみてください。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事