90年代に大ヒットしたGショック(G-SHOCK)ですが、今でも人気は衰えることなくおしゃれ男子の必須アイテムとなっています。

時計にはそれほど興味はないけど、1つくらい持っている人が多いのでは。数えてみたのですが、自分はちょうど10個でした。

今回、おしゃれ男子必須のGショックのモデルを1つずつ紹介していきます。

5600シリーズ

画像:gizmodo

Gショックの大定番である5600シリーズ。スピードをいう映画で主演の俳優さんが身に付けていたことから別名「スピードモデル」なんて呼ばれていますよね。

実は私も初めて買ったGショックは5600でした。今でも4つ保有しています。

5600モデルのいいところはド定番なので「飽きが来ない」「どんな服装でもマッチする」「価格が安い」といったところでしょうか。

よくアパレルの店員さんや美容師さんが付けているのを見ますね。以前、服を買いにビームスに行ったのですが、接客してきた店員さんと見事にかぶりました(笑)それいっしょやんって!

それくらい多くの人に愛用されているってことです。

実はこのモデルはきれい目カジュアルでも意外と合うんです。

え?ジャケットにGショックってダサくないですか?

って思うかと。

ジャケットに合う5600は文字の部分がペイントされていないタイプだと実はきれいに見えるんです。つまり、黒なら真っ黒のモデルです。

画像:discountofferstore

上の画像のようにペイントが無いタイプだとさらに服装の幅が広がりますね。きれい目コーデには必ず合います。

シンプルな5600を1本持っていると便利です!

6900シリーズ

画像:usa.watchpro.com

5600の次に人気のあるシリーズであり、こちらもGショックの定番ですよね。

丸形になっているのが特徴で5600シリーズより若干フェイスサイズが大きいです。今まで5600を付けていた人なら大きく感じるかと思います。

このモデルは基本的にストリート系、B系、チャラい系、にウケがいいのですが、もちろんカジュアルでも全然OKです。

アメカジ系ファッションならもっとしっくりくるかと。

フェイスが大きいせいか時計が自己主張を始めてしまうため、存在感を出せると言えます。

また、芸能人でも6900を愛用している人は多いです。テレビでタレントが付けている時計をチェックするのですが、何度もこのモデルは見ました。

是非1本は持っていてほしいモデルです。必ず役に立つと思います。

8900シリーズ

画像:itmedia.co.jp

Gショックではかなりの大型モデル。

TKOの木下さん、俳優の佐野岳さん(筋肉番付に出てくる人です)が着用しているシリーズです。

ごっついモデルなので着用するとかなりの存在感があるので、時計を目立たせたい人にはおすすめです。

Gショックの中で最も男らしさを出せるモデルと言えるでしょう。

7900シリーズ

画像:flickr.com

さまぁ~ず大竹さんが着用しているモデルです。

これも大型モデルであり、ボタンが大きく押しやすいので機能性はばつぐんです。

やはり大き目のモデルは人気ありますね。

芸能人が着用しているだけで欲しくなるのは自分だけだろうか・・・。

FROGMAN 【フロッグマン】

画像:g-shock.jp

フロッグマンのフロッグとは水陸で生活するカエルの意味であり、フロッグマンは潜水工作員のことです。

つまりこのモデルはダイビングをする人のために水中用に開発されたものです。

ですが、ほとんどの人はファッションとして購入しているのでは?と思いますが・・・。その通りで、ベゼルやベルトなどが単体で販売されており、カスタムしておしゃれを楽しむことができます。

初代が発売されたのが1993年というこのモデルには長い歴史があり、プレミア価格がついて値段が高騰しているのもあります。一部のマニアには根強い人気ですね。

MUD MASTER【マッドマスター】

画像:g-shock.jp

デザイン的に好き嫌いがあると思うのですが、個人的にはGショックとしては好きなデザインです。ですが、ファッションとして使いこなすにはかなり難易度が高いと思います。

バリバリのストリート系男子が付けるとかなりかっこいいですね。

泥や砂に強く外で仕事をする人のために作られたものなのでドロドロになっても機能するくらい耐久性があるということです。

日常生活でドロドロになることはありませんが・・・。

ただこういう耐久性があるっていうだけで、なにか安心感はありますね。

GULF MASTER【ガルフマスター】

画像:gshock.com

GULFとは大きな湾を意味していて、海での使用を想定し防水性にすぐれたモデルです。

ガルフマスターもGショックらしいデザインだな~と思います。

マッドマスター同様にフォーマルな服装には合いません。両者2つともネルシャツやパーカーを着る人におすすめしたいですね。

RANGEMAN 【レンジマン】

画像:g-shock.jp

暑くて雨の多いジャングルでの使用を想定したモデルです。

こちらもごっつい!ですよね~Gショックファンの心をくすぐるようなデザインです。ワイルド系の人に是非付けてもらいたい時計です。

Gショックの中で一番頑丈なのでは?と思うくらい壊れなそうな雰囲気です。

デザインといい、機能の数も半端ではないので、ファンには注目されていると思いますね。

GRAVITY MASTER【グラビティーマスター】&SKY COKPIT【スカイコックピット】

画像:g-shock.jp

パイロットの人に向けて作られたシリーズであり、重力などの変化に対応できるというこのモデル。

どのような状況でも正確に針が動くというのが魅力です。

職業がパイロットの人は少数だと思いますが、機能性を重視している人におすすめですね。

MT-G【エムティージー】

画像:g-shock.jp

メタル仕上げで重厚感のあるデザインのMT-G。

他のGショックと比べると豪華なイメージです。メタル仕様なのでスーツでも合うと思います。

この存在感のあるデザインだと男らしさを見事に演出できますね。

MR-G【エムアールジー】

画像:gshock.com

Gショックの最高峰であるMR-G。価格的もまさにキングオブGショック。

高級モデルですが、値段が高いのにはそれなりの理由があります。

パーツの一つ一つを機械ではなく職人が研磨しているので表面が美しいしあがりになっている、さらには時刻の精度が狂わないシステムが搭載されていて、これが定価30万円の理由です。

Gショックが好きな私には一度は付けてみたい時計ですね。

G-STEEL【ジースチール】

画像:g-shock.jp

カーボンという軽量素材を使用したベゼルが特徴であり、さらには最新技術により小型、薄型したモデルです。

最近のモデルはごっつすぎだな~と思っている人、デザインが若干スリムになっているのでスマートに付けこなしたい人に是非おすすめしたいです。

最後に

Gショック人気モデルの最新版を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

Gショックは最低でも1つは持っていると便利ですよね。ファッションとしても使えるし、防水なのでスポーツの時にも使えます。そのまま海にもお風呂にも入れます。

私が初めてGショックを買ったのは2004年でしたが、今でもたまに公式WEBをチェックして気に入ったのがあったら購入しています。

何個持っていても満足できなく再度また買ってしまうのがGショックの魅力なんだと思います。

それでは!よかったら参考にしてみてください。

おすすめの記事