【メンズ】ハイブランドの財布はどんなイメージを持たれる?ださいと思われる?

男でルイヴィトンやグッチなどのハイブランドの財布を持っている人は、周りからどんなイメージ(印象)を持たれているのか?これ、少し気になりますよね。特に女性からどう思われているのか、男なら誰しも考えてしまうかと。特に買う前に悩んでしまう人は多いですよね。

実は私も長年ハイブランドの財布を使ってきました。学生の時から現在に至るまで、使ってきたブランド財布の経緯を紹介します。

【グッチ】→【コーチ 】→【ルイヴィトン】→【ダンヒル】→【バリー】→【グッチ】(現在)

このような感じでグッチから始まり、今現在はグッチで落ち着いています。

もろにハイブランド街道を進んできてると思いますが、自分の場合は財布なんて自己満足の世界だと思っているので、あまり周囲の評価&評判は気にしません!もし気にしていたら、このようなハイブランドの財布を使うことはなかったでしょう。

ですが!やはり周囲の評価やイメージは気になるところだと思います。

この記事では私の経験から、ハイブランドの財布がどんなイメージを持たれるのか?ださいと思われるのか?女子ウケはどうなのか?このあたりを解説していきます。

ハイブランドの財布はどんなイメージを持たれる?

まず初めにハイブランドの財布を持っている人は周囲からどんなイメージを持たれるのか?

ハイブランドの財布って値段は高いですよね?使っているだけで少しリッチな気分になったりしますが、みなさんの周囲の人はあなたをお金持ちだと思っていません。デート中の相手の女性もそうです。

なぜかと言うと、ハイブランドの財布は昔から大学生や20代の社会人、つまり圧倒的に若者に人気があります。一部の職業を除いて20代の男性はまだ収入が低いですが、値段の高いハイブランドは彼らに人気です。

これは何を意味するかと言うと、ハイブランドの財布を使っているからといってお金持ちであるわけではなく、お金持ちにも見えるわけではないということです。平均年収が350万の時代なので、90%以上はなけなしの金を叩いて買った人だと思います。

例えばデートで女性におごる時、会計時に財布を見られるわけですが、ルイヴィトンの財布だからと言って「この人、お金あるんだな~」とは思われません。若者のイメージが定着しているからです。

このようにお金持ちに見えるわけではないということです。人によっては「無理して買ったんだな~」と思われてしまうこともあります。

ですが!40代以降で貫禄がある人はお金を持っている男に見られることがあります。服装がきれい目のコーディネートだったら尚更です。しぶい男性がハイブランドの財布を出してきたら、おっ!?って思いますよね?アラフォー以降の男性ならこんな風に見られることがあります。

もう一つ、これは当たり前ですが「この人ブランドものが好きなんだな~」と思われます。あえてカジュアルの財布ブランドを選ばないところにこだわりを感じさせることができます。

実は小物にしっかりお金をかけるのはメンズにとってかなり重要です。人には見られそうもない小物ほど人からチェックされます。(特に女性からは)

このこだわりをかっこいいと思うかかっこ悪いと思うかは人それぞれですが、決して悪いイメージは与えないと思います。

また、10代~20代前半あたりでハイブランドの財布を持つと、人によっては「見栄を張ってるな」と思われたりします。「背伸びして買ったの?」って思われてしまうのも事実です。これだけはどうすることもできません。ある程度年齢を重ねた人ならそう思われることはありませんが、若い男性だとこれは避けられません。。。

ハイブランドの財布を使っていると、だいたいこのようなイメージを持たれます。ですが、グッチの財布を使っている私は、周囲からどう思われようが気にしていません!(実はこれが大事です)

周囲の評価が気になるのであれば、最初からハイブランドは避けましょう。

ハイブランドの財布はダサいと思われる?

男がハイブランドの財布を使うとダサいと思われてしまうのか?

答えはNOでもYESでもあります。

ダサい!と思う人はハイブランドにまったく興味のない人です。みなさんの知人でもノーブランドの財布を使っている人っていません?実は私の周りではほとんどそれです。過去に彼らに自分のブランド財布を批判されたこともあります。

また、そういったハイブランドを否定する人のほとんどはファッションに無頓着な人が多いです。

つまり、ハイブランドをダサいと思う人は、あまりファッション感覚がない人です。女性は男よりファッション感覚があるのでブランド財布を好みますよね。

私は「おしゃれは小物から」だと思っています。外見がかっこよくても小物がダサかったら台無しですよね。見えないところのおしゃれも重要です。

このようにハイブランドの財布をダサい!と言う人は、自分とは感覚が違う人だという事です。そのような人の意見を取り入れていたら、ハイブランドの趣向が遠ざかっていくだけです。

なので!ダサいと思われることもありますが、自分の信念を曲げずにハイブランドの財布を使いましょう。ダサいと思う人はごく一部のみです。

ハイブランドの財布の女子ウケはどうなの?

では、ハイブランドの財布の女子ウケはどうなの?って思いますよね。つまりどれくらいの女性が好むのか?

これもいろんな意見があるのですが、個人的に思ったのはハイブランドの財布が嫌いということではなく、その財布のデザインや柄によって女性の好みが分かれる、ということです。

つまり財布のブランドはどうでもいい女性が多いです。

ちなみに私は数年前にルイヴィトンのモノグラムの長財布を使っていました。その当時の彼女からこう言われました。「実はモノグラムの財布は嫌なんだよね。黒のシンプルな財布がいい!」と。

ですが、高い買い物だったのでそのまま使い続けましたが、しばらくしてダンヒルの落ち着いた財布に代えました。

このようにヴィトンのモノグラムやグッチのシグネチャーのようなブランドロゴが全面に出ている財布は女性ウケが悪いということです。いかにもブランドの財布を持っているという雰囲気が苦手なようです。ネットでも女性ウケの悪い財布を調査しましたが、やはり答えは同じでした。

なので!もし女子ウケを狙うのならシンプルなデザインの財布がベターです。小さくロゴが入っている、もしくなロゴ無しの財布がおすすめです。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

私個人の経験と感覚から解説させていただきました。

人によってハイブランドの財布の印象は違ってきますが、高い買い物になると思うし使うのは自分なので、最終的には周囲の意見に流されず自分好みのハイブランドの財布を買うようにしましょう。

これを機に一生ものの素敵なブランド財布を見つけてくれたら幸いです。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事