今回、ワンランク上の香水を探している人に「Chirstian Dior:クリチャン・ディオール」を紹介したいと思います。

ディオールはファッションやコスメなどを展開するフランス発のブランドですが、香水部門の設立は1948年になります。

そうです。香水部門は70年以上の歴史があるということです。

この70年で各界の著名人らが愛用してきたディオールの香水ですが、独特の品の香りが特徴で女性ウケもよく、男性からの評判もかなりいいんです。

ディオールはそこそこ香水歴のある人に人気があるので、香水初心者から抜け出したい!そんな人にもオススメです。

ワンランク上の上品な香りをまとってデートや飲み会に行けば周りからの好感度が上がることは間違いありません。

それでは!今回ディオールの香水のおすすめランキングを発表したいと思いますので、参考にしてみてください。

※個人的な主観とネット市場の調査からランキングをつけました。

1位:ディオール ファーレンハイト

ディオール ファーレンハイトの特徴

メンズ香水のウッディ系を代表するのがこの「ディオール ファーレンハイト」です。
樹木の様な草のようなそんな香りなのに不思議な甘さが漂う、そんな香りです。
落ち着いたセクシーな香りなので、いかにも男!といったヤンチャな香りが好きな人には合いません。
逆にスパイスの効いたウッディ系が好きならオススメしたいです。(ちょっと不思議な香りですが、落ち着きを与えてくれます)

香りの変化

▶トップノート:レモン、キンモクセイ、ラベンダー
▶ミドルノート:スズラン、ジャスミン、シダーウッド
▶ラストノート:レザー、ムスク、アンバー

2位:ディオール ソヴァージュ

ディオール ソヴァージュの特徴

有名芸能人やアーティストが愛用していることで話題になっている「ディオール ソヴァージュ」。
柑橘系の香りから徐々に柔らかい女性的な香りに変わっていきます。
こちらもセクシー系の香りなので、大人の男を演出したい人にはオススメです。

香りの変化

▶トップノート:カラブリアンベルガモット
▶ミドルノート:バニラアブソリュート
▶ラストノート:アンブロクサン

3位:ディオール ハイヤー エナジー

ディオール ハイヤー エナジーの特徴

ディオールの爽やか系の代表がこの「ディオール ハイヤー エナジー」です。
グレープフルーツ、ジュニパーのさっぱりした柑橘系の香りから始まり、しばらくすると優しい香りに変化していきます。
フレッシュな香りが好みの人には是非おすすめしたいです。

香りの変化

▶トップノート:ジュニパー、グレープフルーツ
▶ミドルノート:ナツメグ、ペッパー、インセンス
▶ラストノート:クリアムスク、べチバー、サンダルウッド

4位:ディオール オム

ディオール オムの特徴

品のある甘さが印象的な「ディオール オム」。
付け始めから甘めの香りが漂いますが、適度な甘さなのでちょうどいい感じです。
アイリスをベースとして、さらにココアでアクセントをつけているのが特徴。
全体的にはセクシーな香りです。

香りの変化

▶トップノート:フレンチセイジ・イタリアンベルガモット
▶ミドルノート:フレンチラベンダー・イタリアンアイリス
▶ラストノート:ココア・アンバー

5位:ディオール デューン プールオム

ディオール デューン プールオムの特徴

美しい自然の香りが特徴の「ディオール デューン プールオム」。
優しくて甘い品のある香りが特徴です。女性が使っても違和感のないくらい優しいです。
フレッシュな爽やかさを残しつつ後半はウッディ系に落ち着きます。

香りの変化

▶トップノート:イチジク、バジル、ブラックカラント、マンダリン
▶ミドルノート:モス、サルビア、へディオン
▶ラストノート:イチジク、サンダルウッド、アトラスシダーウッド、トンカビーン

6位:ディオール オム スポーツ

ディオール オム スポーツの特徴

爽やかなさっぱりしたシトラス系の香りが特徴の「ディオール オム スポーツ」。
ディオールオムにベルガモット、グレープフルーツの柑橘系を加えてフレッシュなスポーツ感をイメージさせた香りです。
ラストは甘いムスク系に変化しディオール独特のセクシーな香りが持続します。

香りの変化

▶トップノート:シシリアンシトロン、ベルガモット、グレープフルーツ
▶ミドルノート:ジンジャー、エレミ
▶ラストノート:アトラス、シダーウッド

7位:ディオール オム コロン

ディオール オム コロンの特徴

ピュアなシトラス系の香りが特徴の「ディオール オム コロン」。
落ち着いた柑橘系の香りから始まり、ラストはほんのり甘いムスクの香りで落ち着きます。
清潔感あるシトラスの香りなのでビジネスでも大活躍するでしょう。
ユニセックスとしても使える香りなので密かに女性でも使っている人がいます。

香りの変化

▶トップノート:カラブリアンベルガモット
▶ミドルノート:グレープフルーツフラワー
▶ラストノート:ホワイトムスク

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

ディオールの香水は基本的にセクシーで品のある香りが多いです。これがハイブランドの香水の特徴です。

ちょっと香りで背伸びしたい人には特にオススメです!

それぞれに違った個性があるので、みなさんのお気に入りの1本が見つかることを願っています。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事