【マナー違反】絶対に香水をつけて行ってはいけないシーン(場所)とは?

香水は外出時に香らせて人にアピールするものですが、どんなシーンでも使っていいわけではありません。行く場所によってはマナー違反となることがあるんです。

みなさんも香水の匂いを迷惑に感じたことはありませんか?これは香水ユーザーでさえあったりします。

この記事では香水をつけて行ってはいけないシーン(場所)を7つ紹介するのでチェックしてみてください。

香水NGシーン①:面接

面接はとにかくマナーが重視されます。マナーと言えば匂いもその中の1つです。仮に体臭ケアをしなくて臭いを発していたら、これは合否に影響するでしょう。

これは体臭だけではなく、実は香水にも言えることです。会社に相応しい人物なのかを評価される時に香水の香りをアピールしたら、ただの「マナーのない人」だと思われるのでやめましょう。

香水NGシーン➁:ビジネスの会食

ビジネスシーンでの会食時に香水はNGです。今後のお付き合いを約束する場面でもあり、ここでもマナーが重視されますよね。もちろん仕事内容にもよりますが、特に硬いお仕事をしている人は香水は印象が悪くなります。特にお食事をするシーンなので、臭いと料理がまずくなりますよね。そのため香水はNGとなります。

ですが、ビジネス関係のパーティーなどは賑やかなイベントなので香水はOKです!

香水NGシーン③:帰省する時

これは人によるのですが、実家に帰る時に私は香水をつけません。なぜなら父親母親世代の年配の人は香水を嫌がる人が多いからです。ちなみに私の親は嫌がります…。特に家の中なので匂いが相手に伝わってしまいます。

特に香りをアピールする場ではないと思うので帰省する時はつける必要はありません。

香水NGシーン④:お葬式

お葬式とは故人を送り出すための儀式ですね。おそらく人生でもっとも辛い場面ですが、こんな状況で香水をぷんぷん香らせてたら…言うまでもないですよね。

特にお葬式は故人の親族の方が参列しています。その人達に、故人の知り合いはこんなマナーのない人だったのか、と思われてしまうため、印象を悪くさせないように香水は控えてください。

香水NGシーン⑤:混んでいる飲食店

恋人や友達なんかと入る時の飲食店はOKです。おそらく会う前に香水をつけていますよね、これは仕方ないです。人と遊ぶ時に香水をつけないと使う機会がなくなります。

ですが、一人で近所の飲食店にぷら~と行くだけの時に香水はつける必要はありませんよね…。特にその店が混んでいたら隣の人の迷惑になる時があります。

せっかく美味しいラーメンを食べてるときに隣からきつい香りが漂ってきたら…これはアウトですよね。

香水NGシーン⑥:試験会場

試験会場と言っても入試や資格試験などいろいろありますが、人によっては人生をかけている時ですよね。こんな時に周囲から香水の匂いが漂ってきたら…人によっては集中力が欠けることがあるでしょう。かなりの迷惑になります。

自分でも香水のきつい香りが匂ってきたら嫌だと思うので、試験会場で香水はNGとなります。

香水NGシーン⑦:病院&歯医者

病院にいる人は具合を悪くしている人が大半ですよね。人によっては熱が出ていたり、体のどこかを痛めて苦しい思いをしていたり、そんな人ばかりです。こんな時に香水の匂いがしてきたらさらに気分を悪くするでしょう。これも完全にマナー違反になります。

また診断してくれる医師や看護師さんに対してもマナー違反となるので注意が必要。これは歯医者でも同じことになります。彼ら彼女らに香りをアピールする必要はありませんよね。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

香水はどんな場所でも使えるわけではありませんよね。マナーが重視されるシーンが多いので注意しましょう!

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事