【まとめ】メンズの香水ブランド一覧!定番ブランドから高級ブランドまで紹介!!

メンズの香水はファッションブランドや香水専門のフレグランスブランドなどから販売されていますが、これらの人気のあるブランドをこの記事ではまとめてみました!

初心者向けの低価格帯のブランドと上級者向けの高価格帯のブランドに分けています。比較的人気のあるブランドのみを厳選し、ほとんど使っている人がいないマイナーなブランドは除外しました。

男性が使える香水ブランドはこれだけあるのでチェックしてみてください。

Contents

初心者向けのメンズ香水ブランド【低価格帯】

まずは低価格帯のメンズ香水ブランドを紹介します。ほとんどの男性はこれらの香水ブランドを使っていると思ってください。

ブルガリ(BVLGARI)

画像:amazon.co.jp

イタリアで創業した高級ファッションブランドのブルガリですが、香水は圧倒的にメンズから支持されています。中でもベストセラーの「ブルガリ プールオム」は今でも高い人気を誇っています。男性芸能人でも愛用者が多いです。

posted with カエレバ

カルバンクライン(Calvin Klein)

画像:amazon.co.jp

アメリカ発のファッションブランドのカルバンクラインですが、90年代後半からここの香水が10代を中心にすごい流行しました。中でも「CK-one:シーケーワン」は今現在でも愛用している人が多いです。爽やかなシトラスの香りが特徴です。

posted with カエレバ

アランドロン(ALAIN DELON)

画像:amazon.co.jp

メンズの定番フレグランスブランドのアランドロン。「サムライ」というシリーズが有名ですよね。低価格で爽やかな印象を与える香水のラインナップが多く、こちらも日本ではメンズから支持されています。

もっとも爽やかで心地いい香りがするのは「サムライライト」です。フレッシュなシトラス系の香りがメンズから支持されています。

posted with カエレバ

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce&Gabbana)

画像:amazon.co.jp

イタリアのミラノ発のファッションブランドであるドルチェ&ガッバーナ。「香水」という歌が流行っていっきに知名度が上がったブランドですよね。

男性で人気なのは「ライトブルー」という香水です。元々はレディースなのですが、男性からも人気が出てユニセックスの香水として知られるようになりました。フレッシュなシトラスの香りは癖になるでしょう。

posted with カエレバ

ニコス(NIKOS)

画像:amazon.co.jp

90年代に「スカルプチャー オム」という香水で有名になったニコス。香水のラインナップは少ないのですが、この1本で香水ファンから知られるようになりました。付け初めのフレッシュな香りはすごい心地いいです!

posted with カエレバ

ジバンシー(GIVENCHY)

画像:amazon.co.jp

フランス発のファッションブランドであるジバンシー。こちらも90年代に「ウルトラマリン」という香水が日本でヒットしました。まさにマリンを思わせるようなフレッシュな香りが特徴です。

posted with カエレバ

ライジングウェーブ(RISINGWAVE)

画像:amazon.co.jp

国内のフレグランスブランドであるライジングウェーブ。こちらも香水ブランドでは絶対に外せません。なぜなら「ライトブルー」という香水が日本フレグランス大賞を4年連続受賞した実績があるからです。みずみずしい柑橘とフローラルな香りが特徴。

posted with カエレバ

エリザベスアーデン(ELIZABETH ARDEN)

画像:amazon.co.jp

アメリカの化粧品ブランドであるエリザベスアーデン。日本では「グリーンティ」という香水が有名です。その名の通りグリーンティー(緑茶)の香料が入っています。他にはシトラス、ペパーミント、フローラル(花)なども含まれており、爽やかさと甘さを含めた香りが特徴です。

posted with カエレバ

アクアシャボン(AQUA SAVON)

画像:amazon.co.jp

石鹸やシャンプー系の香りで有名なアクアシャボン。爽やかさだけなら上位に来る香水ブランドです。女性向けの香りが多いですが、ここ最近ではメンズからも人気が上がってきています。

一番有名なのは「ウォータリーシャンプーの香り」です。まさにお風呂上りの香りを再現していて、嫌味のないフレッシュでほんのり甘い香りが特徴。

posted with カエレバ

エンジェルハート(Angel Heart)

画像:amazon.co.jp

日本の香水ブランドであるエンジェルハート。ハート型のボトルが特徴的で、女性向きのイメージがありますが実は男性でも愛用している人はいます。中でも「ライオンハート」という香水がそこそこ有名であり、シトラス系の甘さとマリンの爽やかさが特徴。

posted with カエレバ

クリーン(CLEAN)

画像:amazon.co.jp

フレグランスブランドであるクリーン。この香水ブランドもシャンプー系や石鹸系が強いです。一番人気があるのは「ウォームコットン」であり、石鹸と柔軟剤を合わせたような心地よい香りが特徴です。嫌味のない香りが男性からも支持されています。

posted with カエレバ

イッセイミヤケ(Issey Miyake)

画像:amazon.co.jp

日本のファッションブランドであるイッセイミヤケの香水も昔から支持されています。一番有名なのは「ロードイッセイ プールオム」であり、ゆずをメインとしたシトラスの香りがメンズから人気があります。シトラスの香りが好きな人なら間違いなくおすすめはできます。

posted with カエレバ

インプ(imp.)

画像:amazon.co.jp

シトラス系の爽やかな香りをメインとしているインプ。10種類くらいのラインアップがあり、それぞれ香りにはそこそこ定評があります。爽やか系なので男性でも違和感なく使えるものが多いです。

posted with カエレバ

ラルフローレン(RALPH LAUREN)

画像:amazon.co.jp

ポロシャツで有名なラルフローレンですが、香水を愛用している男性もいたりします。洋服ブランドの中ではそこそこラインナップは豊富な方であり、中でも1番の人気は「ポロスポーツ」です。大人っぽい爽やかな香りであり、年齢層はじゃっかん高めです。40代を超えていたらラルフローレンの香りは似合うかと思います。

posted with カエレバ

ダンヒル(DUNHILL)

画像:amazon.co.jp

イギリスのロンドンで創業した高級ファッションブランドであるダンヒル。しぶいイメージがあるブランドですが、一部の男性では香水を愛用している人もいます。

一番人気なのは「ダンヒル エディション」で、スパイシーウッディ系の香りです。どちらかというとフォーマルのシーンで活躍しそうな品のあるイメージです。大人な男性を演出したい人には向いているかもしれません。

posted with カエレバ

ザラ(ZARA)

画像:zara.com

ファストブランドで若者から人気があるZARA。ここ最近ZARAの香水も注目されるようになりました。100mlを3000円ほどで購入可能であり、香りの評価はそこそこ高いです。ZARAというブランドイメージから年齢層は低めだと思ってください。

ZARAのメンズ香水を公式サイトで見る

サルヴァトーレ・フェラガモ(SALVATORE FERRAGAMO)

画像:amazon.co.jp

イタリアで創設されたファッションブランドであるフェラガモ。あまりメンズには浸透しないブランドですが、実はメンズ香水のラインナップがあったりします。中でも人気があるのが「エフ バイ フェラガモ プールオム」であり、大人な男性の香りが一部のメンズから支持されています。

posted with カエレバ

バーバリー(BURBERRY)

画像:amazon.co.jp

イギリスのファッションブランドであるバーバリー。ここの香水はファッションブランドの中ではそこそこ愛用者が多かったりします。中でも「ウィークエンド フォーメン」はほんのり甘い柑橘系の香りで一部のメンズから高く評価されています。

posted with カエレバ

ランバン(LANVIN)

画像:amazon.co.jp

100年以上の歴史があるフランスのファッションブランドのランバン。どちらかというとレディースがメインのブランドなのでメンズには弱いです。人気の香水は「エクラドゥアルページュ」であり、ネットではかなりのレビュー数を誇っています。フローラル系の定番とも言える香りです。

ちなみにこの香水は野球選手の松坂大輔さんが愛用していることでも有名。

posted with カエレバ

アルマーニ(GIORGIO ARMANI)

画像:amazon.co.jp

イタリアのファッションブランドであるアルマーニ。一部のメンズから支持されているブランドですよね。アルマーニの香水はそこまで知られていませんが、密かに愛用している人もいます。一番の人気は「アクアディジオ プールオム」であり、ほんのりスイートな香りが特徴(フルーティーな香りがするとのレビューあり)。ハイブランドの中では価格は低めです。

posted with カエレバ

ヴェルサーチ(VERSACE)

画像:amazon.co.jp

イタリアのファッションブランドであるヴェルサーチですが、香水は1つだけヒットしたものがあります。それは「ブルージーンズ」という香水なのですが、ボトルが派手なのが特徴的で、香りは重めで甘くて独特のスパイシーな香りがあります。(芸能人でも愛用者あり)

posted with カエレバ

ケンゾー(KENZO)

画像:amazon.co.jp

国内のファッションブランドであるケンゾーですが、唯一1つだけメンズに好かれている香水があります。「ローパ ケンゾー プールオム」という香水なのですが、シトラス(ゆず)の爽やかな香りが一部のメンズから評価されています。ちょっとマイナーなので、知る人ぞ知る?そんな香水です。

posted with カエレバ

キャロライナ・ヘレナ(CAROLINA HERRERA)

画像:amazon.co.jp

ニューヨーク発のファッションブランドであるキャロライナヘレラの香水はどちらかというと女性に人気があります。ですが「キャロライナヘレラ212」という香水はユニセックス香水として使われており、石鹼系のシャボンの爽やかな香りが評価が高いです。男でも使えるので気になったらチェックしてみてください。

posted with カエレバ

ポール・スミス(Paul Smith)

画像:amazon.co.jp

メンズの定番ファッションブランドであるポールスミス。財布などの小物でも人気がありますよね。

ここの香水で有名なのは「エクストリーム メン」というものなのですが、ちょっとエキゾチックで少しスパイスが効いてる香りが特徴です。

posted with カエレバ

トミー・ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)

画像:amazon.co.jp

アメリカ発のファッションブランドであるトミー・ヒルフィガー。一時期原宿のど真ん中に店舗ができて話題になったブランドです。

唯一1つだけメンズから支持されている香水があり、それは「トミー」です。爽やかなフルーティな香りが高く評価されており、嵐の櫻井翔さんも愛用されているとのこと。

posted with カエレバ

クリニーク(CLINIQUE)

画像:amazon.co.jp

スキンケアブランドであるクリニークの香水の中で1つだけメンズに人気があるものがあります。「クリニーク ハッピー フォーメン」という香水なのですが、少しスパイシーが効いた柑橘系の香りが特徴。ネットではそこそこレビューもあり評価が高いです。

posted with カエレバ

プラダ(PRADA)

画像:amazon.co.jp

イタリアを代表するハイブランドのプラダ。あまり香水では有名ではありませんが「アンバープールオム」は一番人気があるかと思います。スパイシーでウッディでもある品のある香りが特徴で、フォーマルなシーンにはかなり向いているでしょう。

posted with カエレバ

4711

画像:amazon.co.jp

200年以上の歴史があるメンズ化粧品ブランド4711ポーチュガル。日本では香水のイメージが強く、レトロなボトルのデザインが特徴的ですよね。

ここの香水の定番は「4711ポーチュガル オーデコロン」であり、柑橘系のさわやかな香りで評判がいいです。歴史のある香水なので年齢層は高め?かもしれません。

posted with カエレバ

コーチ(COACH)

画像:amazon.co.jp

アメリカのニューヨークに誕生したコーチ。最近では財布を使っている男性が増えましたよね。メンズの香水に関してはそれほど人気が高くありませんが、唯一の定番が「コーチ マン」です。ウッディーな大人の香りが特徴。

posted with カエレバ

フェラーリ(Ferrari)

画像:amazon.co.jp

高級スポーツカーで有名なフェラーリですが、香水を愛用している男性は実は少なからずいます。一番有名なのは「ライトエッセンス」という香水で、レモンやアップルの香りが高く評価されています。癖がなく価格も低いでの初心者にもおすすめ。

posted with カエレバ

バナナリパブリック(Banana Republic)

画像:amazon.co.jp

アメリカ発のファッションブランドであるバナナリパブリック。あまり聞きなれないブランドですが、香水はユニセックスの「クラシック」が有名です。柑橘系の香りから石鹸のような香りに変化するのが特徴的です。女性の愛用者のほうが多いので、あまり男性的な香りが苦手な人には向いていると言えます。

posted with カエレバ

ダビドフ(DAVIDOFF)

画像:amazon.co.jp

タバコや香水を展開するロシアのダビドフ。中でも「クールウォーター」という香水は日本では一番人気があります。程よい甘さがありスパイシーな色気もあるのが特徴。女性でも使っている人がいるそうなので、万人ウケは狙える?かもしれません。

posted with カエレバ

ジャンヌ・アルテス(JEANNE ARTHES)

画像:amazon.co.jp

フランスの香水ブランドであるジャンヌアルテス。とにかく安さが売りでアマゾンでは1000円以下で買えたりします。中でもメンズに人気があるのは「セクシーボーイ」という香水で、アマゾンでは900円ほどで販売されています。レモン系の爽やかな香りが特徴。

posted with カエレバ

ルチアーノソプラーニ(LUCIANO SOPRANI)

画像:amazon.co.jp

イタリアのファッションブランであるルチアーノ・ソプラーニ。定番は「ウォモ」という香水なのですが、レモンのような甘い香りが高く評価されています。とにかく柑橘系にこだわった香水と言えるかもしれません。ドルガバのライトブルーのようなシトラスが強調された香りが好きな人なら合っていると思います。

posted with カエレバ

ジミーチュウ(JIMMY CHOO)

画像:amazon.co.jp

イギリス発のファッションブランドであるジミーチュウ。星のスタッズがついている財布は有名ですよね。ここのメンズ香水の定番は「ジミーチュウ マン」になるのですが、ウッディ系の香りがベースなので大人っぽさを演出できます。もろに男性的な香りです。

posted with カエレバ

シロ(shiro)

画像:amazon.co.jp

国内の化粧品メーカーであるshiroの香水は一部のメンズから愛用されています。レディースっぽい香りがメインですが、変に嫌味がないので男性からも評判がいいです。

一番の人気香水はおそらく「サボン」だと思います。甘さがある石鹸とシャンプーの香りが特徴です。

posted with カエレバ

レールデュサボン(L'air De SAVON)

画像:amazon.co.jp

レールデュサボンは石鹸系をベースにしているフレグランスブランドです。一番の定番は「センシュアルタッチ」であり、石鹸系を代表する香水です。ほのかにふわっと香ってくれる爽やかな柔軟剤っぽい香りが特徴。もし石鹸系で迷ったらこの香水はおすすめできます!

posted with カエレバ

上級者向けのメンズ香水ブランド【高価格帯】

次に高価格帯のメンズ香水ブランドを紹介します。ちょっと香水で他の人と差をつけたい人は、これらのブランドから選ぶと良いです。

ジョーマローン (Jo Malone LONDON)

画像:amazon.co.jp

ジョーマローンはイギリスのフレグランスブランドです。香水に限らずルームフレグランスを愛用している人もいます。まさに「一流の香りブランド」そんなイメージです。

一番人気の香水は「イングリッシュ ペアー&フリージア」 です。 少し甘めでフルーティーなのですが、その中にフリージアの花の香りが漂うのが特徴です。

posted with カエレバ

メゾンマルジェラ(Maison Margiela)

画像:amazon.co.jp

フランス発のファッションブランドであるマルジェラ。財布などの小物を愛用しているメンズが多いですよね。

ここの香水もここ数年でメンズに浸透してきたようです。定番香水は1つには絞れないのですが「レプリカ レイジーサンデーモーニング」になるかと思います。YOUTUBEでこの香水を紹介していた男性は「ホワイトムスクが効いたフローラル系の香り」と言っていました。

posted with カエレバ

ディプティック(DIPTYQUE)

画像:amazon.co.jp

ディプティックはフランスの香水やボディケア商品を販売しているブランドです。フランスらしいデザインが特徴であり、男性だと少し抵抗があるかもしれません。

とにかく香りのレパートリーが幅広いので、どれを買おうか迷う人がいるかと思いますが、そんな人はデパートなどに足を運んで香りをチェックしてみると良いでしょう。

posted with カエレバ

オゥパラディ(AUX PARADIS) 

画像:amazon.co.jp

日本発の香水ブランドであるオゥパラディ。日本人の香りの感性を意識して作り上げられた香水が特徴。ローズ、シトロン、フルール、サボン、この4つの香水がメインであり、ネット上の評価はそこそこ高いです。

posted with カエレバ

シャネル(CHANEL)

画像:amazon.co.jp

シャネルは100年以上の歴史があるフランスのファッションブランドです。香水に関しては女性から人気が出たブランドです。

メンズでは「エゴイストプラチナム」が有名で、Gacktが愛用している香水で話題になりましたよね。品のあるセクシーな香りが特徴です。

posted with カエレバ

エルメス(HERMES)

画像:amazon.co.jp

フランスの高級ファッションブランドであるエルメス。よくお金持ちの男性が財布を愛用していたりしますよね。ハイブランドの中でもずば抜けて品格があります。

有名な香水は「ナイルの庭」です。元々はレディースなのですが、男性でも愛用している人が多く、ユニセックスの香水として知られています。爽やかでフルーティーな香りが特徴。

posted with カエレバ

クリチャン・ディオール(Christian Dior)

画像:amazon.co.jp

フランスのファッションブランドであるクリスチャン・ディオール。香水の歴史は70年以上あります。

中でもメンズに人気がある香水は「ソヴァージュ」になります。けっこうセクシーな香りなので夜のデートには合っているかと思います。

posted with カエレバ

クリード(CREED)

画像:amazon.co.jp

クリードは1760年にイギリスのロンドンで創設された香水のブランドです。香水の上級者なら誰でも知っているブランドですよね!

一番の定番は「アバントゥス」になります。フレッシュなフルーティーに高級感を足したような香りです。ちょっと香水で背伸びをしたい人には向いていると言えます。

posted with カエレバ

トムフォード(TOM FORD)

画像:amazon.co.jp

アメリカ発のファッションブランドであるトムフォード。高級香水ブランドとしては定番と言えるでしょう。そこそこ値段が高いのでこちらも香水上級者向きです。

一番の人気はおそらく「ネロリ ポルトフィーノ」だと思います。トムフォードらしい上品な香りをまといたい人にはおすすめできます。

posted with カエレバ

グッチ(GUCCI)

画像:amazon.co.jp

イタリアの伝統的なファッションブランドであるグッチ。メンズでは財布を愛用している人が多いですよね。

メンズの香水では「ギルティ プールオム」が一番人気であり、少し重くて大人っぽい香りが特徴です。バニラ?のような甘い香りの中に爽やかさがある印象です。

posted with カエレバ

イソップ(AESOP)

画像:amazon.co.jp

イソップはオーストラリアのユニセックスコスメブランドです。よくハンドクリームを使っている男性が多いですよね。デザインがおしゃれなので男女ともに人気があります。

香水では「タシット」が一番有名です。 ハーブとシトラス(ゆず)が全面に出てくるがウッディな印象もある香りです。

posted with カエレバ

バレード(BYREDO)

画像:amazon.co.jp

バレードはスウェーデンにて創設されたフレグランスブランドです。ボトルがシンプルなモノトーンスタイルなのでセンスを感じさせるものがあります。

一番人気がある香水は「ブランシュ」であり、フローラル系の優しい香りが特徴です。女性的な香りが好きな人ならおすすめできる香水です。

posted with カエレバ

フレデリック・マル(FREDERIC MALLE)

画像:amazon.co.jp

フレデリック・マルはフランスの香水ブランドです。エルメスやシャネルの香水を手掛けた有名な調香師たちが作っているので信頼性はありますよね。

黒のデザインのボトルが高級感を漂わせています。ちょっとお高いので金銭的に余裕がある人限定の香水になります。

posted with カエレバ

アクア・ディ・パルマ(ACQUA DI PARMA)

画像:amazon.co.jp

アクア・ディ・パルマはイタリアのパルマで創業したフレグランスブランドです。日本ではそれほど浸透していないブランドですが、イタリアならではの洗練された香りが一部のメンズに支持されています。

posted with カエレバ

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

これらが香水に強いブランドになります。他にもマイナーなブランドはありますが、ほとんど使っている人がいないため省きました。

かなりの数になりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!よかったら参考にしてみてください。

おすすめの記事