【メンズ】50代におすすめの財布のブランド10選!選び方も解説

50代の男性でどこのブランドの財布を買っていいのかわからない人いませんか?

50代ともなると若者に人気のあるブランドは抵抗あるし、かと言っても50代をターゲットにしているブランドなんてありませんよね。

では、50代の男性に似合う財布のブランドはどれなのか?これ、実はちゃんとあるんです!

この記事では50代でもしっくりくる財布ブランドを10個紹介しようと思うので、参考にしてみてください。

50代のメンズの財布の選び方

50代男性の財布の選び方で重要なポイントが3つあるので先にチェックしてみましょう。

①レザー素材を選ぶ
➁アパレルブランドの財布はNG
③若者だけに人気のあるブランドはNG

まず1つ目は、レザー素材を使っている財布を選ぶことが重要です。50代でナイロン素材はさすがに恥ずかしいので、絶対に本革の財布を選びましょう。本革の財布はエレガントな印象を与えると同時に女性ウケもかなりいいのでおすすめなんです。

2つ目は、アパレルのファッションブランドの財布は選ばないことです(ハイブランドはOKです)。このタイプの財布は1~3万円前後で買えてしまうのですが、さすがに50代のメンズには似合いません。

たとえばポールスミス、ディーゼル、タケオキクチなど、このようなファッションブランドの財布は10代~20代までです。

3つ目は、年齢層が低いブランド、たとえば20代の若者だけに人気があるブランドもNGです。若者に人気がある財布ブランドは50代では抵抗がありますよね。これから紹介する財布のブランドはこれらを除外しました。

50代の財布はそこそこ大人の品格が出せるブランドを選ぶことが重要なんです。そして、できれば知名度の高い定評のあるブランドが良いです。

これらをもとに50代に似合うブランドだけを紹介します。

レザーブランドから5選

大人の男の財布の基本はレザー(本革)です。レザーブランドは、革に特化していて高い技術力があるので、品質は最高レベルです。

このレザー財布で評価の高いレザーブランドを5つ紹介するのでチェックしてみましょう。

①キプリス(CYPRIS)

画像:amazon.co.jp

キプリスは1995年の創業された日本の革製品ブランドです。

ここの財布はシンプルかつ紳士的な品のあるデザインが特徴です。まさに50代の男性が使うと大人っぽさをアピールできるため、おすすめです。

あまり主張しないデザインなので、さりげなくブランドの革財布を持ちたい人には合っているでしょう。

■公式サイト:https://www.cypris-online.jp/

キプリスについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

posted with カエレバ

➁ガンゾ(GANZO)

1917年に東京の日本橋にて革製品の卸販売業として開業したことから始まり、1999年にこのGANZOというブランドが誕生しました。

つまり100年ほどの歴史がある革製品のブランドとなります。こういった歴史のある革財布は50代の男性が持つとかなり渋くてかっこいいんです。

こちらも同じくシンプルテイストのレザー財布が特徴なので、飽きが来なく、長年使い続けることが可能。エイジング(経年劣化)を楽しむこともできますよね。

■公式サイト:https://www.ganzo.ne.jp

GANZOについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

posted with カエレバ

③ココマイスター(COCOMEISTER)

ココマイスターは設立2011年の比較的歴史の浅い国産革製品ブランドですが、熟練の職人によって手作業で作られるため品質に定評があり、ここ10年で人気が上がりました。

クラシックなデザインが特徴であり、この財布の雰囲気が50代の男性にはマッチします。

ロウ引き革という革の表面に蝋(ロウ)を塗りこんで、白い粉が付いているような加工がされているラインナップがあり、これがココマイスターの特徴。この加工によりヴィンテージ感が出るので、渋いデザインが好きな人に合うかと思います。

■公式サイト:https://cocomeister.jp

ココマイスターについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

posted with カエレバ

④ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

画像:amazon.co.jp

外国ブランドにこだわりがある人ならホワイトハウスコックスがおすすめです。英国で創業された革製品ブランドなのですが、けっこう日本では定番のレザーブランドとなっています。

ここはデザイン的にカジュアル感がある財布が多いです。なので、紳士すぎるデザインに抵抗がある人にはおすすめできます。

レザーブランドに詳しい人ならホワイトハウスコックスは知っているのですが、それ以外の人にはほとんど知られていません。なので人とかぶらないのがメリットです。

このブランドはそれほど年齢層が関係ないので、50代の男性でも似合うでしょう。

■公式サイト:https://www.frame.jp/whitehousecox/

posted with カエレバ

⑤エッティンガー(ETTINGER)

画像:amazon.co.jp

エッティンガーはイギリスを代表する老舗の革ブランドです。1934年に創業後、99年に日本で展開されていきました。

これもシンプルなレザー財布が特徴的なのですが、裏地にカラーを入れている財布が多く、この絶妙な色のバランスが好きな人にはおすすめできます。

紳士なイメージがあるので50代の男性には相応しいブランドになります。

■公式サイト:https://ettinger.jp/

posted with カエレバ

ハイブランドから5選

ハイブランドと聞くと若者のイメージがありませんか?ですが、ハイブランドの財布を使っている50代の人は実はいます。芸能人でもいたりするんです。

世界規模の有名ファッションブランドの財布を50代のメンズが使うとかなり品格が出てかっこいいんです。

ちなみに私はアラフォーですが、現在グッチの長財布を使っています。なぜならブランド力で大人の貫禄をアピールできるからです。こんなメリットがあるので私はハイブランドの財布を長年使い続けています。

値段は少々高めですが、1つ買えば10年以上は使えるので実はコスパは悪くありません。ちょっと抵抗がある人がいるかもしれませんが、予算が範囲内だったら使ってみる価値はあります。

①ダンヒル(dunhill)

画像:amazon.co.jp

ダンヒルは1880年にイギリスのロンドンで創業した高級ファッションブランドです。財布やバッグなどの革製品、他はスーツなどをメインで販売しています。

ダンヒルはハイブランドの中でも最も渋い印象がありますが、この渋さが50代の大人の男性にはピッタリなんです。元々紳士な男性をターゲットにしているブランドなので、逆に若い世代にはあまり人気はありません。

楽天の並行輸入品だと2万円台で財布が買えてしまうため、コスパ的にもいいですよね。

■公式サイト:https://www.dunhill.com/jp

posted with カエレバ

➁ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)

画像:amazon.co.jp

ボッテガヴェネタは1966年、北イタリアにて創設されたファッションブランドです。編込み(イントレチャート)のレザー製品が一番の特徴です。

このボッテガヴェネタの財布はあまり嫌味がなく派手なデザインでもないため、50代の男性には似合うんです。おそらくハイブランドに抵抗がある人でもボッテガならいけると思います。

なので、ハイブランド特有の派手な財布が苦手な人は、このようなブランドを選ぶと良いでしょう。

■公式サイト:https://www.bottegaveneta.com

posted with カエレバ

③ルイヴィトン(Louis Vuitton)

画像:amazon.co.jp

フランスを代表する世界的に有名なルイヴィトンも実は50代の男性にはおすすめできます。

ルイヴィトンというと、チャラいイメージがありますよね?ですが、それはモノグラムとかダミエのような柄が入っている財布限定です。さすがに抵抗があるかと思います。

なので、男性なら「タイガ」「エピ」のような無地の財布を選ぶと実はかっこいいんです。若者のイメージが根付いていますが、50代の人が使うと逆に大人の貫禄が出るのでおすすめなんです。

■公式サイト:https://jp.louisvuitton.com

posted with カエレバ

④グッチ(Gucci)

画像:amazon.co.jp

ルイヴィトンと並ぶ高級ファッションブランドのグッチ。

これもヴィトン同様にチャラいイメージがあるかと思いますが、実は50代のメンズが使うとかっこよかったりします。50代になるといい感じで大人の貫禄が出てくるので、財布をグッチのような一流のハイブランドにすると雰囲気に溶け込むからです。

例えば高校生がグッチの財布を使っていたら「無理して買った感」が出てしまいますが、50代だと意外と自然な感じになるんです。

上の画像のようにシグネチャー柄だとちょっと嫌味になりますが、それに抵抗がある人は無地を選ぶと良いでしょう。

■公式サイト:https://www.gucci.com/

posted with カエレバ

⑤ブルガリ(Bvlgari)

画像:amazon.co.jp

イタリアを代表する高級ファッションブランドのブルガリ。

ブルガリも若干チャラいイメージがありますが、実は財布そのものはデザイン的に全然チャラくはありません。派手さはなくシンプルテイストの財布が多いので50代の男性が持つと、これも雰囲気にマッチします。

どこの財布?と聞かれた時にブルガリと答えられるのは、かなりポイントが高いです。

■公式サイト:https://www.bulgari.com/ja-jp/

posted with カエレバ

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

50代ともなると財布のブランド選びて困惑してしまいますよね。この記事で紹介したブランドなら間違いないので、自信を持っておすすめしました。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事