育毛剤と発毛剤って何が違うの?2つとも毛は生える?

自分で育毛ケアをしてみようと思って調べると出てくる「育毛剤」「発毛剤」。似たような名前ですが、いったいこの2つにはどんな違いがあるのか?どっちを買えばいいのか?このあたりがわからない人がいるかと思います。

この記事ではこの2つの違いと、この育毛剤と発毛剤の実際の効果について解説していきます。

育毛剤と発毛剤って何が違うの?

育毛剤と発毛剤の違いを簡単にまとめるとこうなります。

育毛剤:頭皮の環境を整えて抜け毛を防ぐ。
・発毛剤:発毛を促進させ、新しい毛を増やす。

まず、育毛剤とは毛が育ちやすくするための「頭皮の環境を整えるもの」だと思ってください。

有効成分で頭皮の環境を整えることによって抜け毛を防ぐことができます。有効成分を毛根に送り込むので人によっては毛にコシハリが出てくることがあります。

基本的には「薄毛になりたくない」「薄毛の進行をストップしたい」このような人が使うものだと思ってください。

一方、発毛剤とはミノキシジルという成分が入っているものです。ミノキシジルには「血管を拡張させて頭皮の血流を改善し発毛を促す」、つまり新しい毛を生やす効果があり、この成分が配合されているものだけを発毛剤といいます。有名な発毛剤だと「リアップ」になります。

元々は高血圧治療薬として使われていたらしいのですが、副作用として多毛症が報告されたため、薄毛の治療薬としても使われるようになったそうです。

基本的には「すでに薄毛の個所があり、毛を生やしたい」このような人が使うものになります。

ちなみにAGAクリニックの治療でもこのミノキシジルの外用薬、内服薬が処方されたりします。

育毛剤で毛は生える?生えない?

では実際に育毛剤では毛は生えない?増えない?と思ってしまいますよね。一般的には育毛剤には新しい毛を生やす効果はないとされています。あくまでも頭皮の環境を整える目的だからです。

ですが、最近の育毛剤には発毛を促進させる成分が含まれていたりします。代表的なところだと「センブリエキス」「ショウキョウエキス」「ニンジンエキス」です。

これらの成分が含まれている育毛剤を使った人のレビューには「薄毛だった部分に毛が生えて復活した」「明らかに毛が増えた」、こんなものがありました。使う人にもよりますが、育毛剤でも実際に毛が増えることはあるみたいです。

また、頭皮に有効成分を送り込むことによって毛髪が元気になるので髪にボリュームが出たりもします。なので、使った方が確実に毛髪にはプラスになるということです。

このように私が調べた結果では「育毛剤でも発毛成分が含まれていれば毛を増やすことは可能」という結論がになりました。

おすすめの育毛剤は以下の記事でまとめています。

発毛剤は本当に毛が生える?

では、ミノキシジル配合の発毛剤を使うと実際に毛は生えるのか?となりますが、私が調べた結果、発毛した人もいました。

セルフケアで発毛剤を1年間使い続けた人のビフォーアフターの画像を見たのですが、明らかに毛は増えていました。元通りにはなっていませんでしたが、増えているのは一目瞭然でした。(比較画像なので効果が見てわかります)

3か月で効果が出た人もいたので、新しい毛を生やすことは可能であることがわかりました。

ただ、私は医者ではないので何パーセントの人に効果があるのかはわかりません。生える人は生えるということです。

なので、すでに薄毛で悩んでいる人はAGAクリニックに通う前に最低半年間は発毛剤を使ってみることをおすすめします。ほとんどの人はセルフ育毛から始めるので、やってみる価値はあるかと思います。

ミノキシジル配合のおすすめの発毛剤は以下の記事でまとめています。

最後に

以上になります。いかがだったでしょうか?育毛剤と発毛剤の違いを解説させていただきました。

私みたいに将来的にハゲたくない、こんな人は育毛剤から、すでに薄毛の人は発毛剤から始めてみてください。何か変化が起こることは間違いありません。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事