【口コミレビュー】オルビスミスターの化粧水(ローション)と保湿液(乳液)を使った感想!

化粧品メーカー大手の「オルビス」のメンズシリーズである「オルビスミスター」。ここ最近でネットのレビュー数がどんどん増えており、男性から注目されているブランドです。

このオルビスミスターの化粧水(ローション)保湿液(乳液)が気になっており、先日トライアルセットを購入しました!ネットのレビューの通りそんなに保湿力があるのか?このあたりが気になっていたんです。

実際に使ってみたところ、たしかにネットのレビューは本当でした!

この記事ではオルビスミスターの化粧水(オルビス ミスター ローション)と保湿液(オルビス ミスター モイスチャー)をレビューしていきますの、気になった人は是非!参考にしてみてください。

オルビスミスターの化粧水と保湿液(乳液)の特徴

まず初めに、オルビスミスターの化粧水(ローション)と保湿液(乳液)の特徴を知っておいた方が購入しやすいかと思うの成分を調べてみました。

まずこの2つの役割は保湿なので肌の保湿成分がふんだんに含まれています。中でも定番である「浸透型ヒアルロン酸」「浸透型コラーゲン」がこの化粧水には配合されており、この2つをベースに肌に潤いを与えてくれます。

他にも保湿目的で「ビタミンC誘導体」「セラミド」も配合されています。こちらもよく化粧品に含まれる成分ですよね!この2の成分はナノカプセル化されており、肌のすみずみまで成分を届けるそうです。

つまり!男の悩みである乾燥肌にファーカスをしている?そんな印象を受けました。

次は実際に使ってみた感想を書きます!

オルビスミスターの化粧水(ローション)を使った感想(レビュー)

まずは洗顔後に化粧水を使ってみました。私の場合トライアルセットを購入したので容量は19mlになります。

19mlだとかなりボトルが小さいです。これで約1週間とのこと。

化粧水ですがテクスチャーはさらさらタイプではなくほぼジェル状で、かなり重めです。匂いを確認したところ無香料でした。

早速顔につけてみたところ、いい感じで伸ばしやすく、しっかり保湿されている感覚はありました。けっこう肌の奥まで水分が浸透していきます!よくあるさらさらタイプの化粧水とは真逆で、かなりしっとりするため乾燥肌対策には有効です。

テクスチャーが重めなのでつけすぎると顔がベタつきます。ですが、10分くらい経過すると肌はさららさになりました。もし!気になる人は夏場の外出前は量を少なめにしたほうが良いかもしれません。

結果、保湿力はそこそこ高めの化粧水ということがわかりました。次に乳液をレビューしますが、この化粧水だけでも保湿効果は期待できるので、オールインワンとしても使用可能です。冬の乾燥する季節でもおそらく大丈夫でしょう。

オルビスミスターの保湿液(乳液)を使った感想(レビュー)

化粧水の後に同じシリーズの保湿液(乳液)を使ってみました。トライアルセットなので容量は9mlになります。

こちらはさらにボトルが小さいです。化粧水より乳液のほうが使用量が少ないためです。

テクスチャーはこのような感じで、普通の乳液と同じくらいの硬さです。匂いは無香料です。

早速つけてみたところ、いい感じで顔全体に広げやすく、こちらもかなりしっとり系の保湿液だということがわかりました。さらさらタイプとは逆です。化粧水の潤いをしっかり閉じ込めている感覚がありました。

べたつき感はなく、数分後には肌はさらさらになります。

化粧水と乳液を使ってみましたが、肌を触って確認してみると、けっこうもっちりしていい感じで弾力があります。

この記事を書いているのは夏なのですが、このオルビスミスターでのスキンケアを行った後に外出してみました。夏の顔のテカリにどれくらい効果があるのかと言うと、夏場でもテカリをしっかり抑えられています。私の場合スキンケアをしないと汗と皮脂でテカテカになるのですが、効果は実感できました。

オルビスミスターの化粧水と乳液の口コミを紹介

実際にオルビスミスターの化粧水と乳液を使った人の口コミ(レビュー)を紹介します。参考になりそうなものだけピックアップしました。

化粧水(ローション)のレビュー

顔に塗布すると伸びが良く広がる感じで、洗い流した後、顔を指で触ると”キュッキュッ”と脂が取れてることを実感出来ます。更にタオルで鼻まわりを擦ると角質がボロボロ取れていくことが分かります。

amazon.co.jp

保湿は100点ではないが混合肌の自分はギリ乳液使わなくても1本でまかなえる。今まで化粧水乳液と使ってたがそれが一回で収まることで非常に楽になった。

amazon.co.jp

もしかしたら私の気のせいなのかもしれませんが、ベタつきが非常に気になります。
値上がりも残念です。

amazon.co.jp

どろっとした液体ですが、体温でサラサラの液体になり、よく伸びて使いやすいです

amazon.co.jp

無駄に脂っぽくならないところが気に入っていました。
本当にさらさらで保湿をキープしているという感じです。

amazon.co.jp

顔に塗布してなびかせると、隅々までムラ無く広がります。意外と速乾性があるので、その後、当社アクア モイスチャーRM(保湿液)を塗布して、更に高保湿力なので夕方まで保てます。ちなみに、ローションだけでも保湿力があります。

amazon.co.jp

液体とジェルの中間のような硬さの、透明な化粧水でした。こちらもほぼ香りは感じませんでした。肌に付けたあとべたつきはあまりありませんでした。

amazon.co.jp

保湿力は、定番保湿系基剤【BG,グリセリン,ヒアルロン酸,コラーゲン,糖類】と、ベト付きを低減出来る【ポリマー類】を練り合わせてあり、粘り気のある液状の割には、夏場向きな軽保湿力となっています。

amazon.co.jp

この化粧水は使いやすく、ベタつきもないので風呂上がりにつけて朝まで保湿されている感じがする。
保湿力の高さの一方で若干ベタつきは感じる。

amazon.co.jp

顔に塗布した直後は、濡れた感じがありますが、数分で肌になじみ始め、10分後には、肌と一体化するので、テカテカ光ったり「濡れてます!」という感じにはなりません。化粧水なので、さっぱり感を保持しつつ、肌を守る感覚で、夕方くらいには、肌はサラサラ状態になります。

amazon.co.jp

このようにベタつきが気になった人とべたつきがなくサラサラ状態になった人に分かれました。たしかにつけすぎるとベタつくのですが、数分後にはサラサラになります。保湿力に関しては良い評価が多かったです。

乳液(保湿液)のレビュー

やや透明感を残した白濁薬液ですが、ほぼ乳液と言える感触で、汎用的な保湿クリームよりは控えめな機能性です。
反面、こちらも【化粧水】と同類素材で構成されているので、ベト付きは低減されており、朝の忙しい時間帯の利用にも耐えます。

使用後ベタついたらやだなと思っていたのですが、思いのほか着けたあとすぐにさっぱりします。

じゃばじゃば付けるタイプではなく、ゆるいジェル状の保湿液が出てきます。
2プッシュ程度の少量でも顔全体に広がり、塗ったあとは、しっとりとサラサラした肌質へ導いてくれました。

この保湿液をつけると、夕方になっても、肌がバリバリに乾燥することがなく、余分な皮脂が出ないので助かります。

乳液とジェルの中間の様な乳白色のテクスチャです。
顔に塗り広げると、思いのほかべたつかず、程よく伸びます。
香りはほとんどなく、微香で、気になる香りでもありません。

ベタつきはなくしっかりと保湿してくれている、肌の質感が1日中キープされる感じです。
このサラッとしているのに保湿はしっかりしている感覚、非常に気に入っています。
冬場の超乾燥時期にはクリームタイプの方がおすすめですが、通年で大半の季節はこのモイスチャーで
十分乗り切れる印象です。

このように、ジェル状だけどサラサラ感があり、保湿に関しても評価は高かったです。長時間保湿がキープされるとのこと。個人的な意見としては、たしかに保湿力は高く持続時間も長いです。これが安い乳液とは違う点です。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

オルビスミスターはさすが大手の化粧品メーカーだな~と感じました。使い心地は解説した通り、個人的には保湿力には高い評価です。薬局などで売っている安いメンズのスキンケア用品とは格が違うので、もし1ランク上のスキンケアを実践してみたい人は是非!オルビスミスターをチェックしてみてください。

それでは!最後までありがとうございました。

おすすめの記事