【レビュー】リライズは染まらない?しっかり染める方法はコレ。

花王から販売されている白髪染めの「リライズ」を買おうか悩んでいる人いませんか?染まりにくいっていうレビューがあったりするので買うのを躊躇しますよね。

実際に私が2か月感使ってみたのですが、これ結論から言うと普通の白髪染めよりは染まりにくいです。真っ黒にするには最低でも3回は必要です。

ですが、私が何度も試行錯誤を繰り返して少ない回数でしっかり染める方法を発見したので、そのあたりを解説したいと思います。気づいた点、良い点などもしっかりレビューしていきたいと思います。

ちなみに私はアラフォーなのですが、頭の横から後ろにかけて白髪が半端ないです…。今回リライズにすべての期待をかけて使ってみました。

リライズは染まりにくいのは本当?

「髪に負担をかけず黒髪を取り戻す」こんなキャッチーコピーで販売されているリライズですが「リライズは染まらない」なんていうレビューがあったりします。

これ、実際はどうなのか?

結論から言うと、回数を重ねないと真っ黒には染まりません。これが普通の白髪染めとの一番の違いです。

まず、私が初めてリライズを使うにあたり、検証のため白髪染めを20日ほどさぼりました。私はショートヘアなのですが、いい感じで白髪が目立ってきたので使ってみましたが…。

使用後に鏡でチェックしたところ、ほとんど染まっていないんです。

商品の説明欄には「最初は3日間使い、その後に週1回程度使う」と書いあり「色がつくまで3回は必要」とあったので1回では染まらないのはわかっていました。

なので、根気よく3日間使ったところ、真っ黒ではありませんが、濃いグレー色になりました。さらに2日間連続で使用したらようやくほぼ真っ黒になりました。つまり計5回できれいな黒髪になったということです。

ちなみに私は毛が太いほうなので、おそらく染まりずらいんだと思います。女性の方でしたら3回くらいで染まったというレビューもあるので、毛が細いほうが染まりやすいと思います。

このように最初の1回目はあまり期待はしないほうがいいです。リライズが染まらないのではなく、回数を重ねることによって徐々に染まっていくものなので、焦らず続けていけばしっかり黒髪に変わっていくので安心してください。

※よく薬局などで売っている白髪用のカラーリンスよりはよく染まります。

リライズでしっかり染める方法は?(独自の使い方を紹介)

次にリライズで効率よくしっかり黒に染める方法を解説していきます。みなさんもできるだけ少ない回数で白髪を染めたいですよね?

私はこれまでリライズを8本使いましたが、ようやく染めるコツがわかってきました。

しっかり染める方法① 乾いた髪にリライズをなじませる

まず、リライズの説明書にはこう書かれています。

シャンプーをすすいだ後、水がたれない程度に髪の水気を切ります。
省略…その後、手にとって髪になじませます。

リライズ説明書

最初は説明書通りこのやり方が正しいと思っていたので続けていたわけですが、どうして真っ黒になるまで5回もかかったのか謎でした。

そこで私はシャンプーの後、ドライヤーでしっかり乾かしてリライズを使ったらどうなるのかを実験してみました。水気をとっても髪は少し湿っているわけであって、これが原因だと思ったんです。

すると、3回でほぼ!白髪が目立たないくらい黒に染まったんです。

つまり、乾いた髪のほうがしっかり染まるということです。

よく考えてみると、ヘアカラーって基本的には乾いた髪に馴染ませますよね?美容室でもドライヤーで乾かした後にヘアカラーをやるはずです。髪が湿っているとクリームが薄まるので、これが原因だと確信しました。

ただ、髪質には個人差があるので一概にこの方法が正しいとは言えませんが、やってみる価値はあるかと思います。

しっかり染める方法➁ 放置時間は15分をめどに

次に重要なのが放置時間です。

説明書には放置時間は5分と書かれていますが、個人的にはもっと長いほうがよく染まります。特に私みたいに髪が太い人は放置時間を延ばしてください。

目安としては15分~20分です

5分と15分では明らかに染まり方に変化がありました。ただ、これも髪質で変わる事なので、女性みたいに毛が細い人は5分でも効果は実感できるかと思いますが、男性は15分くらい放置したほうが染まりやすいと思います。

以上が私独自の使い方です。この2つを注意してリライズを使ったほうが効果が早く表れるはずです!

リライズの使用をやめたらどうなる?

リライズの使用をやめるとどうなるのか?

これは言うまでもなく根本から白髪が生えてきて目立つようになります。特に髪を分けている人、ベリーショートの人は要注意です!

最低でも週1回は使わないといけません。せっかく白髪が目立たなくなっているのに台無しになります。ちなみに2週間さぼるとまた初めからスタートになるので、こまめに染めましょう。

リライズの説明書には「最初の3回の後は週1回を目安に継続してください」と書かれています。実際に私も今は週1回が基本で、ちょっと白髪が目立ってきたら週2回使っています。

リライズを使うメリットとは?

リライズは回数を重ねないとうまく染まらないというデメリットがありますが、では逆にリライズを使うメリットってなんなのか?これらをまとめてみました。

メリット① 肌や壁についても着色しずらい

まず、リライズのメリット1つ目は、肌や壁についてもすぐ取れるということです。

白髪染め経験者の人はわかるかと思いますが、浴室の壁などに白髪染めクリームが付着すると色がついて取れなくなりますよね?染めている時にうっかり跳ねたりして壁をゴシゴシこすった経験はあるかと思います。また、顔についてしまって取るのに苦労した経験もあるかと。

ですが、リライズは壁に付いてもシャワーをあてるだけで簡単に取れます。また、顔や手などの肌についてもシャワーをあててこするだけで取れるんです(ティッシュでふき取るだけでも取れます)。

実はこれが私がリライズを選んだ理由です。とにかくゴシゴシする手間を省きたかったんです。

メリット➁ 常に黒髪をキープできる

白髪染めをしても1週間経つと根本が白くなってきますよね。その理由からリライズは週に1回程度の使用を推奨しています。実はこれがポイントなんです。

週1回のサイクルでリライズを使うと、うまいこと白髪が目立たなくなるんです。つまり週1回使えば、ずっと黒髪を維持できるということです。(白髪の状態に合わせて週2回でも良いでしょう)

このメリットは私が使ってみてすぐに実感できました。私はまだアラフォーなので白髪が顔に馴染まないんです…。なので毎日白髪を隠す必要があります。リライズのおかげで何とか黒髪をキープできているので助かっています。

メリット③ 髪を傷めない

みなさんも白髪染めをした後に髪がバリバリになった経験がありませんか?あれは薬剤のせいで髪が痛んでいるせいなのですが、リライズは何回使用しても髪が痛みません。これは私の経験に基づいています。

特に女性の方は髪がパサパサに痛むのは避けたいところですよね。そのへんリライズは100%天然由来の着色成分なので髪質に変化はほぼありません。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

リライズの特徴とうまく染める方法を解説させていただきました。

もし、染まりずらいと感じたら、この記事で紹介した方法を試してみることをおすすめします。

誰でも最初の1回は染まらないので諦めないで続けてみてください。3回目からは効果が実感できると思います!

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

posted with カエレバ
おすすめの記事