気になる女性をようやくデートに誘えたのはいいけど、当日ちょっとしたことで失敗して嫌われたら今までの努力がパーになりますよね。

そうならないために1回目のデートを成功させる方法というものがあります。

今回は最初の待ち合わせから最後の別れまで順を追って解説します。

①準備(服装などの身だしなみチェック)

まずは家を出る前に服を選ぶと思うのですが、デートの時ってどんな服装がいいのか?

これは必ず清潔感のある服装が一番無難です。言うまでもなくダサい服装は禁止。

間違ってでもボロボロのTシャツやポロシャツ、ジーンズ、などはダメです。

あとも汚れているのであれば磨いてピカピカにしましょう。スニーカーでもクリーナーがアマゾンとかで売っています。おしゃれは足元からなんて言われていますし、意外と女性は足元もチェックしてきます。

服のブランドは言わなければバレないので無名でも大丈夫です。(ユニクロでも全く問題ありません)

バッグは必ず持っていきましょう。手ぶらは問題外です。

次に気になる匂いです。

絶対に気を付けたいのが「口臭」です。

口が臭いと思われたら高い確率で次はないでしょう。

おすすめは家を出る直前にリステリンでうがいをすることです。リステリンの爽快感は他のマウスウォッシュより強めなので1本は常備しておいた方がいいです。

香水に関してですが、注意したいのは「つけすぎ」です。香りをアピールしたいがために調子に乗ってつけすぎてしまう人がいますが、ワンプッシュくらいに抑えておきましょう。

ほのかに香るくらいが女性にいい印象を与えます。

うわっ!くさいって思われないように。


②待ち合わせ (遅刻は厳禁)

まずは待ち合わせ場所です。

できるだけわかりやすい場所を選びましょう。〇〇の角を曲がった○○のお店の前とかは相手が混乱してしまうので、無難に駅前がいいです。

もしくはお互いが知っている場所。(たとえばデパートの前など)


当日は10分前には待ち合わせ場所に到着するようにしてください。

初めてのデートでの遅刻はかなり悪い印象を与えます。付き合う前の遅刻は絶対に禁止です。

5分前になったらLINEで「着いたよ」と連絡してください。

これで彼女より早く到着したことをアピールできます。


③お店へ行くまで(会話は自然な感じで)

待ち合わせてから1軒目のお店へ行くまでですが、この時に意外と困るのが会話ですよね。そう、お店に着くまでのトークです。

特に緊張している時って何しゃべっていいのかわからなくなってパニックになりますよね。

ではどうすればいいのか?

まず、私の場合はその日の天候をネタにします。

「じゃ、お店行こうか!今日って暑いね~暑いの苦手だよね~早くビール飲みたいね」

こんな感じで軽く今日の天気のことを話かけると彼女も応えてくれます。

天気の話を嫌がる人はいないのと、天気は誰もが共通する話題なんです。

だから最初の1発目は無難に天気の話題にして、そこから会話を弾ませるのがベストです。

もちろん必ず天気にしなさいということでもありません。

たとえば

「新宿(デート場所)にはよく来るの?」

「今日行きたい居酒屋があるんだ。そこでいい?」

「~の居酒屋なんだけど、~は好き?(料理)」

「今日は何してたの?」

「ごめん、おれ緊張してる~」

こんな感じで自然な会話から始める方がいいです。

いかにも事前に用意した会話のネタではなく、自然に口から出てくるような話がベターです。

こんな感じで話せば彼女も自然と話にのってくるのでいい雰囲気になると思います。


④店内(一番の勝負どころ)

次に飲食店に入ってからですが、店内は会話が命。ですがここでも無理やり用意した会話のネタはやめましょう。

ナチュラルがベストです。

まずはメニューを手に取り彼女といっしょに眺めてみてください。

自然と会話が始まりますよね?

「これおいしそう!」

「~は好き?おれも大好きこれ注文しよう」

「お店の雰囲気いいね!」

「ここの店安いね!」

こんな感じで入ったお店に関することから話し始めるとそこから会話が広がっていきます。

お店が居酒屋だった場合、徐々に酔いがまわりはじめてお互い緊張がほぐれ、気づいたら自然な会話になっているはずです。


ここで注意してほしいことです。

よく自慢話など自分のことばかり話す男性が多いですが、デートのメインは女性を楽しませることなので、相手の話を聞く立場になりましょう。

聞き手になることによって、相手は自分の話をしっかり聞いてくれる人なんだと、安心感をもってくれます。

それでも会話が続かない沈黙で嫌な空気になる、このように会話が途切れる場合はどうすればいいか。

答え⇒彼女に質問しまくる

いっしょにデートしているってことは少なからずその子に興味を持っているからですよね。ってことは必ず聞きたいことってあるはずなんです。

たとえば

「○○の仕事してるんだよね?どんな仕事内容なの?」

「兄弟っているの?出身地はどこ?」

「○○に住んでるんだよね?どんなところなの?」

「お酒は何が一番好き?」

このように聞きたいことを質問してそこから会話を広がらせるということです。

よっぽどおとなしい子でなければ、そこから話が弾むはずです。

質問トークをすることによって彼女は「自分は興味を持たれている?」という印象を与えます。


もうひとつ、絶対に!相手の話を否定してはいけません

「いや、それは違うと思うよ」「そうじゃないんだよね」

と言ってはいけません。

女性は否定されるのを嫌がります

否定したくなっても

「うん、おれもそう思うよ」

「その気持ちすごいわかる!」

このように同調することが重要です。

ちょっと感情を出したくなっても我慢しましょう。


⑤お会計(割り勘?おごるべき?)

次に気になるのはお会計ですよね。

基本、男がおごるべきと考える女性も多いですが、意外と割り勘でもOKという女性もいます。

ではどうするべきか。

1回目のデートでは、できれば!おごるべきだと私は考えています。

これはマナーというべきか・・・なんというか・・・付き合う前は全力で行くべきだと考えています。

居酒屋に3時間も4時間も2人で飲み続けたら会計はけっこうな金額になってるかもしれないですが、ここは男気を見せましょう。

絶対印象はぐっと上がります!

付き合ってからは割り勘でいいと思うんです。

恋人関係の状態で割り勘を嫌がる女性はあまりいません。

自分が過去に付き合った女性はみんな割り勘OKでした。

でも付き合う前は自分をよく見せたいため、おごっていました。

これでいいと思います。

デートのマナーとして覚えといてください。


⑥帰り(お礼を忘れずに)

別れ際は必ず「今日はありがとう」と一言お礼を言うようにしましょう。

またデートに誘っていい?と聞くように。もちろん、ダメ!って言う人はいませんが、次も会いたいという事をアピールするのが大事なんです。

帰宅したら彼女にLINEするのを忘れずに!

「今日は楽しかったね」

「○○の料理おいしかったね」

「またあそこ行きたいね」

こんな感じで今日1日の感想を送るといいです。

マメな男ほど女性にモテるんです。

最後に

初デートに失敗しないためのルールとマナーを紹介しました。

女性に嫌な想いをさせないこと、会話がない空気になっても焦らず自然な流れで進めていくことが大事です。

1発目のデートで失敗すると次がないので慎重に!っと言いたいところですが、リラックスしてください。自分が緊張すると相手も緊張してしまい気まずい空気になります。

失敗してもいいくらいの気持ちのほうがデートは成功します。

それでは!よかったら参考にしてみてください。

おすすめの記事