【経験談】ニキビができない方法5選!ニキビ予防には何が重要?

ニキビは消えてもしばらくするとまた出てくる厄介なものですよね。いろんな方法を試しても、やはりニキビはしつこく出てくるものです。

ちなみに私自身も過去にニキビや吹き出物に悩まされていた時期がありました。顔がボコボコになり、恥ずかしくて人にも会えないくらいひどかった経験があります。

その時行っていたニキビのケアはニキビ用の洗顔でゴシゴシ洗う、ただこれだけでした。結果、これだけではニキビ予防にはなりませんでした。(洗い方も間違っていたことが判明)

そこで私はニキビの根本的な原因とニキビ予防を徹底的に調べて実践しました。結果、ニキビも吹き出物も出ることが無くなりました。ここ数年間ニキビは一度も出ていません。

この私が実践した「ニキビができないようにする5つの方法」をこの記事では紹介するのでニキビで悩んでいる人は是非参考にしてみてください。基本的なことも含まれています。(ニキビ予防①と➁を守るだけでも効果あり)

ニキビ予防①:洗顔は正しいやり方で行う

まず初めに、ニキビ予防には正しい洗顔のやり方が大切です。特に男性の方はこのあたりを知らない人が多いので最初に解説します。

みなさんの中で、洗顔料を手に取って直接ゴシゴシ洗っている人はいませんか?実はこの洗い方が間違っているんです。ゴシゴシ洗うと必要な皮脂まで取れすぎてしまい、皮膚は乾燥させまい!とさらに過剰に皮脂を分泌させようとします。皮脂が出すぎることによって結果皮脂が詰まって皮脂を栄養とするアクネ菌が増えるんです。(ちなみに私がニキビに悩まされていた時はゴシゴシ洗っていました…)

ポイント!

「皮脂が詰まる⇒アクネ菌が増える⇒炎症⇒ニキビ」となる。

実はニキビ予防の正しい洗顔方法というのは、洗顔料を泡立てネットで泡立てて「泡を顔の表面に転がす」というやり方です。手が肌に触れない程度の間隔で泡を軽く押しつけたり転がしたりします。

実は泡の力だけでも顔の汚れは落ちるものなんです。泡が汚れを吸引するイメージだと思ってください。

この洗顔のやり方だと顔に刺激を与えないし、皮脂を取りすぎないため肌の乾燥を防ぐことができます。乾燥を防ぐことによって皮脂が出すぎることはなくなります。結果、皮脂が詰まらなくなるということです。

ポイント!

ゴシゴシ洗うと皮脂を取りすぎるため、肌が乾燥してニキビの原因になるので、泡を転がすようにして洗う。

もし泡立てネットを持っていない人なら買うと良いです!無印や100均でも売っています。1つあると洗顔料でもボディーソープでも使えるため、持っているとかなり重宝するでしょう。

また、1日の洗顔の回数は2回までにしてください。回数が多すぎると必要な皮脂までもが奪われるため、皮脂が過剰分泌してしまいます。溜まった皮脂が詰まったらニキビになりますよね。

なので、洗顔のしすぎには注意しましょう。(ちなみに私は1日1回お風呂上りのみです)

洗浄力の高い洗顔料、たとえばスクラブ洗顔料などは洗い心地はさっぱりしますが、皮脂が取れすぎる可能性があるので、できればニキビ用の洗顔料を使うことをおすすめします。

ニキビ用の洗顔で口コミ&評価が高いのは「NULL:薬用アクネブロックフェイスウォッシュ」です。この洗顔料は私も愛用していて、シトラスの香り、さっぱり感、保湿感、さらにはニキビ&吹き出物が出なくなるなど、どれをとってもパーフェクトです。

【メンズ専用 NULLフェイスウォッシュ】洗顔フォーム

このNULLの洗顔料の口コミ・評判については、コチラのレビュー記事でまとめています。

ニキビ予防➁:洗顔後に必ず保湿する

洗顔後のスキンケア(保湿)を怠っている人はけっこう多いですよね。特に男性の方だと洗顔後に何もケアをしない人が多いです。結論から言うとこれはNGです。

みなさんも経験があると思いますが、洗顔後に肌がカサカサになったことありませんか?洗顔後の肌というのは洗顔料によって皮脂が奪われている状態だからです。

実はこのカサカサ肌を放置するのが一番ダメなんです。

①で説明した通り、肌が乾燥すると潤いを与えようとして皮脂を出そうとします。結果皮脂が出すぎて毛穴に詰まり、ニキビができてしまいます。

この理由から洗顔後は必ず化粧水で保湿をする必要があるということです。保湿をすることによって肌は潤いを保ち、余分に皮脂を出すことがなくなります。

ポイント!

洗顔後に保湿をすることによって潤いを与えるので、肌は余分に皮脂を出す必要がなくなる。過剰な皮脂の分泌はニキビの一番の原因。

化粧水の使い方ですが、勢いよく顔をパンパン叩くのはやめましょう。手のひらでぎゅっと押し込むのが良いです。軽く叩くのはいいですが、力を入れすぎると肌に刺激を与えるので避けてください。

では、化粧水の後に乳液も使うべきなのか?これ、答えはYESです。

乳液はフタをして化粧水の蒸発を防ぐ効果があります。つまり、潤いをキープできるので過剰な皮脂の分泌を避けることができます。

ですが、乳液は油分なので、すでにニキビがある人はまれに悪化することがあります。そういった時はさっぱり系の乳液、もしくは化粧水&乳液などが1つにまとまったオールインワンジェルを使うようにしてくださ。オールインワンジェルはゲル状なので油分が少なく、ニキビの悪化を防げます。(経験済み)

ニキビ予防③:顔を触らない&いじらない

ついつい癖で顔を触ったりつねったり、頬杖をついたりする人っていませんか?実は手は細菌だらけなのでニキビ予防を考えると触ってはいけません。

また、触ることによって角層に乱れが生じるため、ニキビの原因にもなります。つまりこの外的刺激からニキビが発生する場合があるということ。

私は過去に手で顔をつねる癖があったのですが、その個所から見事に大きいニキビができたことがあります。それからその癖をやめたら出なくなりました。(かなり大きいニキビだったので皮膚科に行った記憶があります)

意外と手は細菌だらけなので、できるだけ顔には触れないようにしましょう。

ポイント!

手などの外からの刺激でニキビができることもあり(経験済み)。できるだけ顔は触らないように!

ニキビ予防④:生活習慣を直す

生活習慣が乱れていると、これもニキビができる原因になります。

一番よくないのは睡眠不足です。ニキビが出る人に限って睡眠時間が少ないことが多いようです。実は私も睡眠不足のせいで顔がニキビでボコボコになった経験があります。その時の睡眠時間は4~5時間でした。

ではどうして睡眠不足がニキビに影響するのか?

人の肌にはターンオーバー機能があり、一定の周期(28日間)で新しい肌に生まれ変わります。このターンオーバーは寝てる間に行われます。

睡眠不足はこのターンオーバーを乱すため、毛穴の出口にある角層がはがれなくなり毛穴に皮脂が詰まってしまいます。つまり中に皮脂が溜まることによってアクネ菌が活性化し、結果ニキビが出るということです。

このように睡眠不足は悪影響を与えるので最低でも6時間以上は睡眠をとりましょう。

ポイント!

寝不足によってターンオーバーのサイクルが乱れると、毛穴の出口が塞がれてアクネ菌が増殖。炎症を起こして結果ニキビになる。

ニキビ予防⑤:食事を改善する

みなさんは夜中に甘いもの脂っこいものを食べて次の日にニキビができた経験ありませんか?私は夜中にチョコレートを食べて次の日にプチニキビができたことがあります。

この糖分が多い食べ物、または脂質の多い食べ物は過剰な皮脂の分泌を促すのでニキビの原因となります。

幸い私は甘いものはそれほど食べないのですが、脂っこい食べ物は好きなんです。そのせいでプチニキビを何度も経験しました。これらを食べないようにした結果、ニキビは出なくなった経験があります。

では逆にどんな食べ物がニキビの予防になるのかと言うと、ビタミンB群とビタミンCが含まれている食べ物です。ビタミンB群とビタミンCは皮脂の分泌を正常にする働きがあるので、ニキビを予防できると言われています。

サプリメントでもいいので、これらを積極的に摂取すると良いかと思います。

ポイント!

甘いものや脂っこいものを避けて、ビタミンB群&ビタミンCを摂取すると皮脂の過剰分泌を抑えることができる。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

私はこの5つの方法でニキビを克服しました。ここ数年間きれいな肌をキープしています。特に①と➁は必須です!①と➁だけでもニキビを予防できるのでしっかり行ってほしいところ。

ニキビを予防するためには少し面倒なことはありますが、我慢してこれら5つを心がけてください。これらがみなさんのニキビの改善につながれば幸いです。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

ニキビに効果がある洗顔料はこちらの記事で紹介しています。

おすすめの記事