【薄毛改善】発毛する方法はこの2つ。毛を生やして増やすためにはどうすればいい?

薄毛で悩んでいる人で、どうにかして毛を多く生やしたい人いませんか?つまり育毛ではなく発毛です。

もう毛が生えないからって諦めてはいけません!最新の医療で増毛に成功した男性がたくさんいるからです。

実はハゲている個所の頭皮の毛根は生きている事が多いんです。そう簡単に毛母細胞はなくなるものではない、と解説する専門家もいるので、まだ諦めるのは早いんです。

では、毛を生やす発毛&増毛の方法ってどんなものがあるのか?この記事ではこのあたりにフォーカスして解説していきます。参考にしてみてください。

発毛する方法①:ミノキシジル成分配合の発毛剤を使う

これは自宅でできる発毛法の1つなのですが、それは「ミノキシジル」という成分が配合している発毛剤を使うことです。この成分は聞いたことがある人が多いかと思いますが、実際に発毛効果を体感できた人がいるので紹介させていただきます。

ミノキシジルの効果とは?

では、このミノキシジルっていったいどんな効果をもたらすのか?

簡単にまとめるとこうなります。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは血管を拡張させて頭皮の血流を改善し、発毛を促す。

このように頭皮の血流を促進させる効果があるため、毛根に栄養が行き届きやすくなります。ヘアサイクルの休止期(成長が止まって抜け落ちる期間)の状態である毛包にも作用するので、結果、新しい毛が成長しやすくなるということです。

実際にAGAのクリニックではミノキシジルの外用薬(ローション)を処方されたりします。

効果を実感できるまで6か月ほどかかり、あまり即効性はないとされているため、根気よく使い続けることが大事です。

薄毛で悩んでいる人の多くはミノキシジル成分配合の発毛剤の使用経験があったりするので、1度は使ってみる価値はあるかと思います。(このタイプの発毛剤はネット通販でも購入可能。おすすめは下で紹介しています)

ミノキシジルが配合されていない育毛剤には発毛効果はない?

ミノキシジルが配合されていないものは一般的に「育毛剤」と呼ばれています。発毛剤と呼んでいいのはミノキシジル成分配合のものだけです。

では、薬局などで売られている、いわゆる育毛剤には新しい毛を生やす効果はないのか?となりますが、医学的には発毛効果はないそうです。

あくまでも「毛を育ちやすくするための頭皮環境を整える」のが目的のケア用品です。

ですが、最低限の抜け毛の予防にはなるので、気になる人は使用してみるのが良いかと思います。

ミノキシジル成分配合の発毛剤なら「メディカルアップ」がおすすめ

ミノキシジル成分が配合されているおすすめの発毛剤は「メディカルアップ」です。

国内最大濃度ミノキシジル5%配合!「生える」発毛剤【メディカルアップ】

メディカルアップの特徴

・発毛成分であるミノキシジルを国内最大濃度5%まで配合
・育毛研究30年の会社が開発した発毛剤
・毛を生やす&育てることにアプローチ
・抜け毛の進行を予防
・1本60ml(30日分)

ミノキシジル成分配合で毛を生やすことにアプローチしているため、正確には育毛剤ではなく「発毛剤」となります。つまり今生えている毛を強くしつつ、毛を増やすことが期待できる発毛剤です。

メディカルアップはオンライン限定で40%OFFで購入できます。

・1本6655円⇒3980円(通常より2675円お得)
・2本セットなら13310円⇒7150円(通常より6160円お得)

同じく発毛剤のリアップは同じ容量で5000円を超えるので、少しでもコストを抑えたい人はメディカルアップが良いかと思います。

実は簡単なハゲ治しは、1日1回のシャンプーで頭皮を清潔にして、このような発毛効果のあるエッセンスを使うことだったりします。効果は人それぞれかと思いますが、それほど高いものではないので気になったら使ってみてください。

発毛する方法➁:AGAクリニックで薬を処方してもらう

AGAクリニックでAGA治療薬を処方してもらうのも1つの発毛方法です。

クリニックに通う前に基礎的な薄毛の知識、つまり薄毛になる原因を知っておくことをおすすめします。簡単にですがそのあたりをわかりやすく解説していきます。

AGAの原因

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンが関係しているのでは?と聞いたことあるかと思いますが、実際には関係しています。

AGAの原因

頭の頭頂部の毛根部には5αリグクターゼという還元酵素が発現しており、これにテストステロン(男性ホルモン)が結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)に代謝されてしまう。

結果、このDHTが毛の生え変わりのサイクルを短縮し本来の髪に成長できないまま短く細い状態で抜けてしまう。

これが薄毛になる根本的な原因なのですが、男性ホルモンが影響していることがわかるかと思います。

このDHTというのが非常にやっかいであり、ヒゲには発育のシグナルを出すのですが、髪毛には成長期を早めに終わらせてしまうシグナルを出してしまいます。

通常はヘアサイクルが5年くらいであり、これくらいの期間で自然に毛が抜け落ちて新しい毛に生え変わるのですが、このDHTのせいでヘアサイクルが短くなり、2週間程度で生え変わってしまいます。

つまり毛の寿命が短くなり、その結果、薄毛が進行してしまうことになります。

AGAクリニックの治療にはこの男性ホルモンに作用する薬を使います。代表的な薬は「プロペシア」「ザガーロ」です。次にこの2つの薬を解説します。

AGA治療薬「プロペシア」と「ザガーロ」の違い

AGAクリニックで処方される代表的な治療薬として「プロペシア」「ザガーロ」があります。(飲み薬です)

「プロペシア」と「ザガーロ」の効果とは?

この2つの薬の効果とは、薄毛の原因になっているDHTの働きを抑制すること。この作用により抜け毛を防止する。

この2つに共通する効果とは、前述した抜け毛の根本的な原因になっている5αリグクターゼ(酵素)の働きをブロックして脱毛を抑えることです。

2つとも似たような効果がありますが、実際に医療現場にて検証してみたところ、微妙に違いがあったそうです。

・6か月後の経過ではザガーロのほうがプロペシアより毛髪数が優れている。

・ザガーロは薬の半減期が数週間にわたるがプロペシアは数時間。
※半減期とは薬の効果が半減するまでの期間のこと

・プロペシアは即効性がなく半年は使いつづけないといけない。

引用元:やさしくわかる! 毛髪医療最前線


医療現場にて患者に投与したところ、2つにはこのような違いがあったそうですが、医学的な観点からだとザガーロのほうが半減期が長いので効果が期待できるそうです。

ですが、どちらがAGAに有効なのかは今でも曖昧なところがあるそうなので、最終的には担当の医師と相談して決めるのが良いでしょう。

また、血流を改善するミノキシジルを併用すると、相乗効果が期待できるそうです。

※医学的な内容になるので、医者ではない私はこれ以上の言及は避けさせていただきます。

AGA治療薬で実際に毛は生える?

では、実際にAGA治療薬で毛は生えるのか?という疑問があるかと思いますが、いろいろなクリニックのWEBサイトに訪問したところ、やはり生えた人が多いように感じます。

ですが、私は関係者ではないので、何パーセントの人に効果があったのかはわかりません。ですが、WEBにてAGAクリニックに通った人のビフォーアフターの画像を何枚もチェックしたところ、明らかに毛の量は増えている人が多いという印象を受けました。

今の発毛の技術はかなり進化しているという印象です。

まれにですが、AGAの治療薬は効果が実感できるまで6か月くらいかかるので、早めに諦めてしまう人もいるそうです。治療中に諦めてしまったら意味がないですよね。

毛のサイクルの関係で毛髪はすぐに生えるものではないため、ある程度の根気は必要かと思います。

AGAクリニックなら「ウィルAGAクリニック」がおすすめ

医学的な根拠があるオリジナル発毛方法が特徴的な「ウィルAGAクリニック:WILL AGA CLINIC」は発毛実感率99.9%でかなりの信頼性があるためおすすめです。

どんな特徴があるのかをまとめてみたのでチェックしてみてください。

ウィルAGAクリニックの特徴

・初診料無料
・オリジナル発毛薬 - es -(エス)による治療が可能(医学的根拠あり)
・フィナステリド(プロペシア)などの内服薬での治療も可能
・抜け毛予防なら1480円から治療が可能
・最新LHDV頭皮注入治療が可能
・6ヶ月で効果が出なかった場合、全額返金保証あり
・発毛スピード、予算、などの要望に合わせてメニューを提案
・プライバシーを最大限に配慮(完全個室)
・カウンセラーは全員毛髪診断士

医学的な根拠のあるオリジナルの治療法がここのクリニックの強みになります。

例えばミノキシジル・フィナステリド・毛髪ミネラル・ビタミン等を配合したオリジナル発毛薬(-es-)専門の機器により毛根に直接注入する治療法など、独自の治療が受けられるのがメリットです。

発毛を実感した人は99%なので、そこそこ信頼性はありますよね。

店舗数は全国で9つになります。どの店舗も最寄り駅から徒歩5分以内の立地だそうです。

ウィルAGAクリニックの店舗

・新宿院
・池袋院
・表参道院
・銀座院
・立川院
・町田院
・横浜院
・千葉院
・名古屋院

AGAクリニックは自分で育毛法を試したけど効果がでなかった、もしくは余計に悪化させてしまった、そんな人が通うところです。

治療費が高いイメージがありますが、薬だけの処方だったら実は月額数千円で収まることもあるので、まずは診断だけ受けてみるのもありだと思います。その時にカウンセラーの方から症状に合わせたメニューが提案されると思うので、予算の範囲内だったら実際に治療を受けてみると良いかと思います。

ウィルAGAクリニック

増毛する方法:クリニックで自毛植毛する

最終手段としてクリニックにて植毛をする人もいます。植毛とは自分の今ある毛髪を移植することです。

正確には発毛ではありませんが、増毛はできます。

自毛植毛とは?

薄毛になりにくい後頭部から毛包を取って、薄毛部分にバランスよく植え込む。生きている毛包そのものを植え込むので、半永久的に毛が成長し続けることになる。自分の毛包なので拒絶反応が起こらない。

このように少し痛々しいですが、自分の毛包をくり抜いて植え込むのが自毛植毛です。

代表的なやり方ですが、後頭部の頭皮を横長の帯状にくり抜いて細かく毛包単位にし、バランスよく植え付けるものがあったり、他にはパンチで穴をあけて毛包1つづくり抜いて移植する方法もあります。

クリニックにもよりますが、治療費が100万を超えるところもあるので金銭的にはかなりのデメリットがあります。

くり抜いた個所に傷が残ることもあるため、植毛は最終手段だと思ってください。

補足:発毛には頭皮を清潔にすることが重要

自宅で自分で発毛ケアをするにあたって重要なのが、頭皮の環境を整えることです。これは何を意味するかと言うと、頭皮を清潔にすることなんです。

シャンプーは毛が抜けるから3日に1回しかやらない…こんな人いませんか?人は1日に50本~100本、毛のサイクルを終えて寿命を迎えて毛が抜け落ちます。

ハゲていない人でもシャンプーで毛が取れるのでこれは当たり前のことなんです。

シャンプーを怠ると頭皮に皮脂汚れがたまったり毛穴が詰まったりし、育毛&発毛の歯止めになるため何も良いことはありません。

頭皮を清潔にして育毛エッセンスを使うだけ毛を成長させることができると解説する専門家もいます。

それくらいシャンプーは重要だということを知っておきましょう!

おすすめは頭皮の健康にフォーカスしている「スカルプシャンプー」です。今や男性で知らない人はいないですよね。このタイプのシャンプーは毛を成長させる土台を作ってくれると思ってください。

スカルプシャンプーについてもっと詳しく知りたい人は、以下の記事もご覧ください。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

発毛するにはミノキシジル成分配合の発毛剤を使う、AGEクリニックに通う、この2つの方法しかありません。それなりにコストがかかってしまいますが、確実に毛を増やしたい人は候補に入れてみてください。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事