【改善策】男の体臭ケアの方法とは?臭くなる原因は何?

ある情報サイトの調査によると「男性の5割は自分の臭いが気になっている」というデータがあります。意外な数字ですけど男性はそれくらい自分の体臭に対して敏感になっています。

この体臭、もし周囲の人に不快感を与えていたらどうしようって思いますよね。さらには体臭を指摘されてしまったら…すっごいショックですよね。

ですが、男の体臭はしっかりケアをすれば防ぐことが可能です。体臭対策ボディーソープというのもあったりします。きちんと対策をすれば体臭は抑えることができるので安心してください。

この記事では、体臭で悩んでいる人へ「体臭の原因」「体臭を予防する方法」を解説していきます。

臭い人は社会から抹殺されるのは本当?

体臭って周りの人から指摘されないことが多いです。普通の人なら「~君、今日も臭いね?」ってストレートに言えませんよね?言ってしまうと関係が悪くなる可能性があるので気を使ってしまうからです。

だから体臭メーカーの人は自分がどれくらい周りの人に迷惑をかけているのか気づかないことが多いです。

私が以前勤めていた職場で風呂なしのマンションに住んでいる人がいたのですが、その人、体臭がかなり臭かったんです。裏で上司が「~君ってくさいよね」って言っていたのは覚えています。おそらく彼は体を洗わない人だったと思います。(生ゴミみたいな臭いでした)

でも彼は自分の体臭にまったく気づいていないようでした。つまり、気づかずに周囲に迷惑をかけていたということです。これは社会人のマナーとしてはダメですね。

では、女性からはどう思われるのか?

女性は男性以上に匂いに対して敏感なので、臭い男性は恋愛の対象外どころか、近寄りたくもない人として差別します。

1回目のデートで臭い!と思われたら確実に次はなく、嫌われてしまいます。それは逆に男でも同じです。体臭がきつい女性は恋愛の対象になりませんよね。それを指摘することもできません。

女性はいい香りが大好きなので部屋に芳香剤やアロマを置いたり、外出時には香水をつけたりします。男性とは違い、日常でこれくらいのことをするので匂いにはこだわりを持っています。

なので、女性を引き付けるためには臭い対策は必須なんです。

このように臭いと思われると裏で嫌われてしまうわけですが、体臭を消すために対策をしないとどうにもなりません。体臭に関して無頓着なのは周囲に迷惑がかかってしまうのでかなり危険だと思います。

最低限のマナーなのできちんと対策をとりましょう。

男の体臭の原因は何?

そもそもどうして体臭が出てしまうのか。

体臭の原因となるのは皮膚から分泌される「汗」「皮脂」です。汗は汗腺から分泌される水分であり、体の体温を下げる役割があります。暑い時に汗をかくのは汗を皮膚から出して水分で体温を下げるためです。汗が出ると少し体がスースーしましよね。

皮脂とは皮脂腺から分泌される脂成分であり、皮膚の乾燥を保護する役割があります。 名前の通り、脂なので肌にうるおいを与えるわけです。

ですが、皮膚の表面や毛穴には常に雑菌(常在細菌)が存在していて、この雑菌が「汗」と「皮脂」に混ざり合うことによって悪臭を発します。

特に脇の下は他の部分よりは常在菌が多いため臭いを発しやすいです。また、脇下は腕と胸部の間で密閉されているため、汗が蒸発しにくく悪臭を発しやすいとも言われています。

汗も皮脂も分泌されてすぐは無臭なのですが、時間の経過で不快な臭いに変化していくことを知っておいてください。

男の体臭をケアする方法

次に体臭で悩んでいる方へ、自分でできる体臭ケアを解説していきます。①~④までを実践していただければ、かなり臭いを抑えることは可能です。

①汗をかいたらできるだけすぐにふき取る

実は汗そのものには最初はほとんど臭いはありません。上で書いた通り汗が皮膚の常在菌と混ざって悪臭になります。

ですが、汗は放置すると脂肪酸やアミン酸などの様々な悪臭を放つ物質に変化するため、汗をかいたらすぐにふき取ることが重要です。なので、常にハンドタオルはバッグの中に入れておくと良いでしょう。

➁制汗デオドラントを使う

外出中は常に制汗デオドラントを携帯しておくと良いです。制汗デオドラントとは汗自体を一時的に出しずらくして、体のニオイを抑える殺菌&消臭成分が入っている汗対策の商品のことです。

よくコンビニなどでギャッツビーの体に吹きかけるスプレーとか制汗シートを見たことありませんか?あれがいわゆる制汗デオドラントです。

制汗デオドラントの特徴

・即効性がある
・発汗が抑えられる
・ものによってはひんやり感がある(夏におすすめ)
・消臭&殺菌効果がある

このようにメリットがたくさんありますよね。

制汗デオドラントには汗を抑えるACH(クロルヒドロキシアルミニウム)という成分が入っているものが多く、この成分が汗と混ざるとゲル状になり、汗の出口を塞いで汗が出るのを抑え込みます。

消臭成分としては酸化亜鉛や炭成分などが配合されている商品もあります。

制汗デオドラントの種類

・シートタイプ(ふき取るタイプ)
・スプレータイプ(スプレーで噴射するタイプ)
・スティックタイプ(塗るタイプ)
・ロールオンタイプ(出口がローラーになっているタイプ)

主に制汗デオドラントには4つの種類がありますが、基本的にはそれほど効果に違いはなく、最近のものだと体臭用の成分が含まれているものが多いです。

強いて言えば、夏場の熱い日はシートタイプとスプレータイプがおすすめです。なぜなら爽快感があり、汗を抑えてくれるからです。ちなみに私はこの2つは夏場に携帯して歩いています。けっこう汗をかきやすい体質なため、夏のマストアイテムとなっています。

③正しい体の洗い方を実践する(必ず毎日洗う)

よくお風呂で体を洗わずに出てしまう人いませんか?シャンプーだけして体はシャワーで流しておしまいって人です。

これでは臭くなるどころか、痒みが発生したり、背中にボツボツができてしまうこともあります。

シャンプーより体を洗うほうが時間がかかるため気が進まないですよね…。それでも!必ず毎日体を洗う習慣をつけましょう。特に夏場は1日洗わなかっただけで臭いが発生してしまう人がいます。

体臭を防ぐ体の洗い方なのですが、よく体をゴシゴシ洗う人いませんか?実はこの洗い方は間違っています。体臭対策の正しい体の洗い方では、ナイロンのタオルやボディースポンジを使うことはNGとされています。

ナイロンのタオルなどで体をこすると垢がたくさんとれて気持ちいいのですが、摩擦により表面の皮脂も常在細菌も取ってしまうため、皮膚に悪影響を及ぼします。

また、皮膚の脂を取ってしまうと、体はさらに皮膚から脂を発生させようとしてこれが悪臭の原因となり負のスパイラルとなります。

このような悪循環にならないように、体は手でなでるように洗うのがコツです。

正しい体の洗い方

①ボディーソープを泡立てネットを使ってモコモコの泡を作る
➁泡を体全体につけてやさしくなでるように洗っていく
③最後に体をシャワーですすいで終わり

これでは体の汚れが取れないのでは?と思いますが、最近のボディーソープはこれだけで十分取れます。

やってみるとわかると思うのですが、この洗い方でもお風呂からあがると体がかなりスッキリしていることに気づくでしょう。

どうしてもナイロンタオルを使いたい場合は肌にすべらせるように優しく洗ってください。ゴシゴシ洗いたいのであれば、週に1回くらいにすることをおすすめます。

もし、泡立てネットを持っていないのであればバルクオムというメンズスキンケアブランドのものがおすすめです。少量のボディーソープや洗顔料でモコモコの泡が作れます。私も愛用しているので気になったらチェックしてみてください。(価格は600~700円)

④体臭用のボディーソープを使う

ラストは体臭用のボディーソープを使うことです。これが日課になっていたらかなり体臭は改善されるでしょう。

体臭用のボディーソープには体臭に強い植物エキスが配合されていたり、香りの成分が入っていたり、肌に優しい美容成分が含まれていたりします。体臭以外にも肌トラブルに効果が期待できる成分が入っていたりするので、一石二鳥ではあります。

薬局などで売っているボディーソープよりは少し値段が高いかもしれませんが、上で紹介した泡立てネットを使えば1回の量を2分の1または3分の1まで抑えることが可能です。(基本的には1プッシュで作った泡で全身が洗えます)

永続的な体臭予防にはボディーソープが一番大事かもしれません。

体臭予防のボディーソープはこちらの記事でまとめています。

最後に

以上になります!男の体臭対策について書きましたが、いかがだったでしょうか?

きちんとした毎日のケアが大切であること、ケア用品で体臭は消すことができるということ、このあたりが理解できたかと思います。

清潔感をもってる男は女性から好かれます。臭い男は女性から嫌がられます。また、体臭は周囲の人へのマナーなのでしっかり対策はとりましょう!

それでは!よかったら参考にしてみてください。

おすすめの記事