レイヤードフレグランスの香り全23種類を解説!それぞれの特徴は?

日本初のフレグランスブランドである 「レイヤードフレグランス」。香水やルームディフューザー(スティック型芳香剤)などをメインに販売しているブランドですよね。

レイヤードフレグランスには全部で23種類の香りがありますが、それぞれどんな特徴の香りなのか?気になっている人いるかと思います。基本的にレイヤードフレグランスはネット販売がメインなのですべての香りをチェックするのは不可能ですよね。

そこで今回!レイヤードフレグランスから全23種類のサンプルを送っていただいたのでそれぞれの香りの特徴を解説したいと思います。

結論から言うと、それぞれすっごい心地良い香りがしました。香りの個性はそれぞれ違うのですが、どれをとってもいい香りです。変な癖がないところが気に入りました。よくあるくどくて重い香りがする香水とは正反対で軽くて爽やかな香りが多かったです。

それでは!レイヤードフレグランスの全23種類の香りを解説していくので参考にしてみてください。

レイヤードフレグランスの公式サイトはこちら

届いたサンプルの紹介(画像あり)

まず初めにレイヤードフレグランスから届いた全23種類のサンプルを画像にて紹介します。

このようにカードにフレグランスを染み込ませています。23種類なのでそこそこ厚みがありました。

香りが外に漏れないように1枚1枚しっかり小分け袋に入れてありました。この時点ですでにいい香りがしています。カードがおしゃれでしっかりとシートに入れているので丁寧な印象を受けますよね。

また、こちらの香りのサンプルは公式サイトから購入可能です。全23種類を980円で送ってもらえます。

レイヤードフレグランスの公式サイトはこちら

レイヤードフレグランスの全23種類の香りを解説!(レビュー)

ここからは全23種類の全ての香りをレビューしていきます。匂いをかいで感じたことをそのまま書いたので参考にしてみてください。

①レモンピール(Lemon Peel)

レモンのフレッシュな香りが強い印象です。柑橘系の香りでも少し甘いものがあったりしますが、こちらは甘さはあまりありません。まさにレモンそのものです。純粋なレモンの香りだと思ってください。フレッシュなので個人的にはお風呂上りや夏に適してる香りとも言えます。

➁ローズ&ミュゲ (Rose&Muguet)

その名の通りすごいフローラルな香りがふわ~と強く漂います。高級感がある、品がある、まさにエレガントな女性に似合いそうなイメージです。女性が好みそうな香りなので、あまり男性には合わない香り?だと言えます。なのでお花系の香りが好きな女性にはおすすめできるかと思います。

③ホワイトムスク(White Musk)

ムスクの香りの中にうっすら甘いバニラの香りがします。ですがムスクの香りが全面的に押している印象。甘い香りは薄っすらといった感じです。さらにこれも薄っすらですがフローラルな香りが効いています。公式サイトによるとジャスミンの香りだそうですが、このアクセントがほどよく調和して心地よい香りになっています。

④ミステリアスミックス(Mysterious Mix)

最初はムスクの香りが強く全面に出てきます。ですが、基本的にはウッディーがベースになっていてスパイシーな印象を受けました。夜のデートに合っている?そんなイメージです。よくスパイシー系統の香水をまとっている男性っていますよね?まさにあの香りです。なので、どちらかというと男性に合う香りだと言えます。スーツを着た品のあるお兄さんがつけていそうなイメージだと思ってください。

⑤フレッシュペア(Fresh Pear)

フルーティーでフレッシュな香りです。公式サイトによると洋梨の香りとのことですが、洋梨の香りはそれほど強くはありません。シトラス系統の香水をさらにフレッシュにした印象なので、その系統の香水が好きな人には合っているでしょう。

⑥シャンパン(Champagne)

ぶどうの香りが強いフルーティーな香りです。ぶどうの香りがかなり序盤から押してきます。その中に甘い香りの存在感があり、この甘さとぶどうの香りがいっしょに広がっていく印象。香水などで甘い香りが好きな人にはかなり向いていると思います。

⑦ハイビスカス(Hibiscus)

フローラルな香りがベースになっており、ほんの少しだけフルーティーな香りが混ざっている印象。まさにパッションフルーツの香りだとも言えます。基本はお花系の香りなので、どちらかというと女性に向いています。

⑧オリーブウォッカ(Olive Vodka)

かなり夜の香水のイメージです。メンズの香水によくあるセクシー系な香りです。なので男性向きな香りだと言えるでしょう。メンズのハイブランドの香水によくあるタイプなので、シトラス系などの爽やかな香水を好む人にはあまり合わないかもしれません。

⑨レモンジンジャー(Lemon Ginger)

その名の通りレモンの香りが強く、その中に微妙にエキゾチックな香りが混ざっている印象です。公式サイトによるとジンジャーとのことですが、まさにそんな香りです。①のレモンピールは純粋なフレッシュレモンの香りですが、こちらはちょっと手を加えて香りを渋くしたイメージです。

⑩レッドローズ(Red Rose)

純粋なバラの香りです。まさにお花畑にいるような錯覚があるくらいバラ一色の香りです。かなり品のある香りなので女性には向いています。お風呂上りなどに「フローラルな香りに包まれたい」そんな女性に人気がありそうなイメージ。フローラル系の香水をつける人は試してみる価値はあるでしょう。

⑪カシスリーフ(Cassis Leaf)

グリーン系(葉)の香りがけっこう全面に出ていて、その中にうっすらフルーティな香りがします。公式サイトによるとカシスのフルーティな香りが含まれているとのことですが、あまり強くはありません。グリーンノートが基本の香りだと思ってください。ですが、香水のグリーンノートの香りとは違い、純粋な葉っぱの香りの印象です。

⑫オレンジブロッサム(Orange Blossom)

オレンジの香りはそれほど強くはなく、どちらかというとフローラルな香りが勝っている印象です。どことなく品のある香りです。もっとオレンジっぽいのかと思っていたので少しイメージとは違いました。オレンジの甘さを抑えてすっきりさせている印象です。

⑬シュガーライチ(Sugar Lychee)

まさに甘いライチの香りがします。こちらもフルーティーな香りが好きな人にかなり向いています。①のレモンピールのような純粋なフルーツ系統です。また、ライチの香りってあまりイメージしにくいですが、甘くていつまでも嗅いでいたいくらいいい香りがします。

⑭アリアシトラス(Aria Citrus)

こちらもフレッシュなレモンの香りが強いです。①のレモンピールによく似た香りなのですが、こちらのアリアシトラスのほうが少しだけ甘いです。香りは非常に似ています。かなりフレッシュ感があるので夏に適してると言えるでしょう。

⑮ソーピーローズ(Soapy Rose)

こちらはバラの香りを上品にした雰囲気です。⑩のレッドローズとの違いですが、 レッドローズは純粋なバラの香り、ソーピーローズはバラの香りにさらにフローラルな香料が追加されているイメージです(カルバンクラインの香水のエタニティーみたいな香りです)。どちらもラグジュアリーな香りで気品があります。

⑯ホワイトローズ(White Rose)

まさしくホワイトローズをそのまま再現した香りです。レイヤードフレグランスのローズ系の中では最も優しい香りです。落ち着いた上品な香りなのでフローラルが好きな女性にはかなり合っていると言えます。

⑰カタラーナ(Catalana)

キャラメルのような甘い香りがかなり強いです。スイーツ系の濃厚な香りなので、他のフレグランスとはジャンルが違うかと思います。食べたくなるような香りですが、その中にも気品が感じられます。香水としては相応しくない香りですが、家の中では十分楽しめる香りでしょう。

⑱オリエンタルウッディ(Oriental Woody)

純粋なウッディー系でこれも男性の香水によくある香りです。上品でエレガントな男性がまとっていそうな香り?そんなイメージになります。けっこう渋い香りなので、もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれません。ウッディー系に特別にこだわりのある人なら試してみる価値はあります。

⑲スプリングブーケ(Spring Bouquet)

上品なフローラルの香りになります。これといった特徴はありませんが、爽やかで心地よい香りです。まさにブーケから香る匂いのイメージなので、女性からは好かれると思います。

⑳ベルガモットジャスミン(Bergamot Jasmine)

ジャスミンの爽やかな香りが漂います。上品な香りで癖がないので女性が使えばかなり好印象を与えること間違いありません。もし自分の部屋などをフローラルな香りにしたいのなら、かなりおすすめできます。

㉑グレースバニラローズ(Grace Vanilla Rose)

バラの香りにほんのりバニラの香りを足したような優しい香りです。どちらかというとバラの香りのほうが強いのでバニラの香りはあまり期待しないほうがいいでしょう。それでも気品のあるフローラルな香りなので安心してください。女性がまといたい!って思うような香りです。

㉒ロゼマスカット(Rose Muscat)

そのまんまですが、バラの香りにほんのりマスカットが効いています。フローラル+フルーティの香りです。フローラルだけでは物足りなく、甘さもほしい!そんな人にはかなり向いています。

㉓グリーンリーフ&アイリス(Green Leaf & Iris)

グリーンとフローラルが見事に合わさった爽やかな香りです。⑪のカシスリーフは葉っぱの匂いが強い印象ですが、こちらはアイリスのお花の香りがうまく調和している、そんな印象を受けました。少しフレッシュ感があります。

posted with カエレバ

全23種類をジャンル別にまとめると?

上で紹介した23種類の香りをジャンル別に分類してみました。レイヤードフレグランスはフレグランスのブランドなので香水のジャンルのように分類ができます。自分の好きな香りを系統から選ぶのも良いですよね。

分類すると、この7つに分かれるかと思います。

シトラス系orフルーツ系

①レモンピール(Lemon Peel)
⑤フレッシュペア(Fresh Pear)
⑥シャンパン(Champagne)
⑨レモンジンジャー(Lemon Ginger)
⑬シュガーライチ(Sugar Lychee)
⑭アリアシトラス(Aria Citrus)

フローラル系

➁ローズ&ミュゲ (Rose&Muguet)
⑦ハイビスカス(Hibiscus)
⑩レッドローズ(Red Rose)
⑫オレンジブロッサム(Orange Blossom)
⑮ソーピーローズ(Soapy Rose)
⑯ホワイトローズ(White Rose)
⑲スプリングブーケ(Spring Bouquet)
⑳ベルガモットジャスミン(Bergamot Jasmine)
㉑グレースバニラローズ(Grace Vanilla Rose)
㉒ロゼマスカット(Rose Muscat)

ウッディー系

④ミステリアスミックス(Mysterious Mix)
⑱オリエンタルウッディ(Oriental Woody)

ムスク系

③ホワイトムスク(White Musk)

グリーン系

⑪カシスリーフ(Cassis Leaf)
㉓グリーンリーフ&アイリス(Green Leaf & Iris)

スイーツ系

⑰カタラーナ(Catalana)

オリエンタル系

⑧オリーブウォッカ(Olive Vodka)

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

それぞれの匂いをかいで感じたことをストレートに書きました!全体的には嫌な匂いはひとつもありませんでした。ですが、それぞれ香りに個性があったりするので購入する時は慎重になりましょう。

自分好みのフレグランスが見つかることを願っています!

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

posted with カエレバ

おすすめの記事