【メンズ】ポロシャツのおしゃれな着こなし方を紹介!【要チェック】

夏になると圧倒的にポロシャツを着るメンズが多くなりますよね。

Tシャツと比べてちょっと大人っぽく見えたり、ちょっと紳士に見えたりする夏の定番アイテムです。そんなメリットのあるポロシャツを着こなすにはどうしたらいいのか?ここにフォーカスしてみました。

今回、男性のポロシャツのおしゃれな着こなし方(注意事項あり)をいくつか紹介しようと思うので参考にしてみてください。

着こなすポイント① サイズ感に気を付ける

Tシャツをオーバーサイズで着るスタイルがあるのと同様に、ポロシャツも大きめに着るスタイルが今は流行っています。ですが、これは一部のファッション感覚のある若者限定です。(30代くらいまで)

基本的にはポロシャツは大きすぎず小さすぎずのジャストサイズで着るといい感じで全体がまとまります。

一番やってはいけないのが小さめにしてピタピタで着てしまうこと。あまりポロシャツをピタピタで着る人はいません。(数年前にはいましたが今のトレンドからは外れます)

逆に大きめのオーバーサイズはどうなのか?今はおしゃれな10~20代のメンズでわざとポロシャツをダボっとさせて着る人がいますが、これ一部のおしゃれさん限定です。失敗すると「サイズを間違えて買っちゃいました」と思われるだけなので、自信の無い人はオーバーサイズは避けましょう。

上の画像のようにジャストサイズを選ぶようにしてください。大きすぎず小さすぎないですよね?これくらのサイズ感が一番無難です。

特に初心者の人はサイズを間違いやすいので注意が必要です。

着こなすポイント② 発色系(ビビットカラー)は避ける

たとえばですが、真っ赤、真っ青、 真っピンク、このような発色カラーのポロシャツは今はそれほど流行っていません。着こなせるのはそこそこイケメンのメンズのみでしょう。渋谷や原宿を歩いていてもこのカラーのポロシャツを見ることはほとんどなくなりました。

発色系のポロシャツはカラーが強調されるのでインパクトがすごい大きいです。失敗すると子供っぽく見られてしまうので、できれば避けたいところ。

けっこう目立つので個性を出したい人にはおすすめですが、自信のない人は黒、白、グレー、紺、このあたりを選べば間違いありません。これらはベーシックな色なので外すことがないからです。

着こなすポイント③ コーデによっては襟を立てる

ポロシャツの襟を立てる男ってダサい!って言う一部の女性がいるのは承知です。

ありか無しで言ったら女性的には無しでしょう。ですが、襟を立てることによって男らしさをアピールできるんです。少しエレガントな雰囲気になりますよね?あの雰囲気が好きなメンズなら襟立てをおすすめします。

スポーツ選手や芸能人で襟を立てている人を何度も見たことがあります。実は私も気分次第で襟を立てることがありますが、女性受けは悪いかもしれません。ですが、ファッションは自己満足の世界なのでダサいと思われてもファッションとしては成立しているので気にしないほうがいいかと思います。

もし!襟を立てる場合、下のズボンはできるだけタイトなものを選んでコーデしましょう。そっちのほうがスタイリッシュに見えるからです。

着こなすポイント④ 下はスキニーorスラックスorチノパンがベスト

初心者の人はポロシャツの下のデニムはできるだけ細いものを選んでください。ピタピタのスキニーでも良いです。

すると全体的にすっきりとしたコーデになり、バランスが良くなります。ポロシャツの着こなしの基本は、上ジャストサイズ~下は細みにすることです。

このように下をスキニーにするとすっきりしたスタイルになりますよね。これが基本のコーデです。

大人っぽく見せたい人はスラックスもおすすめです。

スラックスを履くと大人っぽい落ち着いた印象になりますよね。このようにきれい目カジュアルを取り入れるとさらにおしゃれ感がアップします。

下の画像のように少し細めのチノパンとも相性がいいです。

チノパンと合わせるとさらにカジュアル感が増しますよね。簡単にできるおすすめコーデです。

おしゃれアイテムとして細身のチノパンは1本持っておくと重宝します。


着こなすポイント⑤ シンプルなものを選ぶ(柄ものはNG)

裏地にドットやチェックの柄が入っているポロシャツを見たことありません?実はこのタイプのポロシャツは今は流行が終わっています。10年くらい前まではセーフだったのですが、今は避けたいところ。

画像:amazon.co.jp

このようなポロシャツは子供っぽく見られます。今のトレンドのポロシャツは柄の入っていないシンプルなものです。

初心者に限ってこのようなポロシャツを選びがちなので注意しましょう。

着こなすポイント⑥ ショートパンツで涼しげにする

ポロシャツを着る季節は圧倒的に夏が多いと思いますが、やはり夏の定番のショーツはポロシャツともろに相性がいいのでこれもおすすめです。

この方は白のポロシャツにチノショーツを合わせてる王道のスタイルです。チノショーツはポロシャツと相性が抜群なので1本持っておくと便利です。

ポロシャツに合わせるショーツの選び方ですが、間違ってもピタピタの小さめのものは履かないようにしてください。数年前はデニムのショーツをピタピタにして履くスタイルがあったのですが、今現在は終わっています。なので「普通~ちょい大きめ」これくらいがベストです。その人の体型やスタイルによって変わってくるので一概にこのサイズにしろ!とは言えませんが、これを基準にすると良いです。

サンダルを履けばさらに夏らしい涼しげな印象になります。個人的にはショーツだったらサンダル履きましょう!って言いたいところですが、それぞれ好みが違いますよね。ちなみに私は夏場はショーツにサンダルスタイルです。足元をすっきりさせたいタイプの人にはおすすめです。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

夏の定番アイテムのポロシャツの着こなしを紹介しました。これらの6項目を守ってもらえばポロシャツの着こなしは失敗しないかと思います。特に難しいことはなかったですよね。

ちなみに私はポロシャツにスキニージーンズorショーツを合わせて下はサンダルを履くタイプです。長い年数をかけて自分はこのスタイルに落ち着きました。一番無難な着こなしなので気になったら真似してみてください。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事