香水を買ってみたけど付け方、付ける量、種類がわからない人、多いと思いますが、そんな人のために香水の基本知識を紹介したいと思います。

メンズの香水は4種類の香りに分けられ、香りは時間が経つにつれて変化し、付ける場所によって香りの広がり方が変わります。

奥の深い香水ですが、このあたりを踏まえて解説していきます。

香水の種類

香水の基礎知識で絶対におさえたいのが香水の種類です。

そもそも香水とはアルコールの中に香料を溶かして入れたものです。

この香料が入っている割合のことを賦香率(ふこうりつ)といい、 賦香率が高ければ高いほど香りが強く持続時間が長いということです。

賦香率が高い順にパルファム、オーデパルファム、オーデトワレ、オーデコロンと分けられています。

この4つの種類にどんな特徴があるのか、香りが弱い順に紹介していきます。


オーデコロン

賦香率は3~5%で持続時間は1~2時間くらい。

ほんのり香りを楽しみたい人や、仕事柄、香りを抑えたい人などにおすすめです。

香水には興味があるけれど、それほど匂いをアピールしたくはない人いますよね。そんな人は間違いなくオーデコロンで決まりです。

メーカーにもよりますが、安く購入することが可能。

香りは弱めなので4プッシュくらいつけても大丈夫です。


オーデトワレ

賦香率は5~10%で持続時間は3~4時間くらい。

香水の定番と言われているのがこのオードトワレであり、一番商品数が多いです。

プライベートでもビジネスでも大活躍しますが、つけすぎると香りが強くなるので要注意です。

※オーデコロンとオーデトワレの違いは賦香率(香料濃度)の違いであり、一般的には「オーデコロンと香水」つまりコロンと香水に分けられています。オーデコロンは略してコロン、それ以外は香水と呼びます。


オーデパルファム

賦香率は10~15%で持続時間は4~6時間くらい。

男性用の香水の中では最も香り成分が濃いものです。

そのため、「香りがきつい!!」と思われることがあり、付け過ぎには注意。

1~2プッシュくらいに抑えておきましょう。


パルファム

賦香率は15~25%で持続時間は5~12時間くらい。

4種類の中で最も香料が多く含まているものです。

男性は女性と違ってそこまで強く香らせる必要はないため、男性用のパルファムは無いと考えていいです。

ほんの少量でも十分に香らせることが可能であり、価格は少し高め。

香水の香りの種類(4大分類)

メンズ用の香水の香りは大きく分けて4つに分類されます。

人によって好みは様々なので自分に合うものを見つけましょう。


シトラス系

柑橘系の香り。フレッシュ&ジューシーでほんのり甘さがあるイメージです。

日本人から一番人気のある種類といってもいいでしょう。

一世を風靡したカルバンクラインのCK ONE(シーケーワン)もシトラス系です。

原料はグレープフルーツ、オレンジ、レモン、ベルガモットなどであり、このフリーティーな香りは男性にも女性にも人気があるため、香水初心者にオススメです。


オリエンタル系

4つの種類の中で最もエキゾチックセクシーな香りです。

原料は樹木、香辛料、ムスクなどの動物性香料が基本。

夜のデートやパーティーで魅力を引き出すことは間違いないでしょう。


フゼア系

ラベンダーやクマリンを使用した爽やかさ温もり清潔感を感じさせる香りです。

男性用の香水によく使われている原料ですね。

ビジネスよりカジュアルな場面のほうがしっくりくる香りと言えます。


シプレ系

原料は樫などに生える苔であるオークモスが基本で、森の中にいるような深い香りが特徴です。

自然を感じさせるオークモスで落ち着きのある雰囲気を感じさせることでしょう。

紳士的な香りのためフォーマル、ランクの高いパーティーでの使用がおすすめです。


香りのたち方(香りの変化)

香水は付けてから時間の経過でトップノート、ミドルノート、ラストノートと香りが変化していきます。

お店のテスターでは付けてすぐに判断してしまいがちですが、実は10分ほど経過してからではないと本来の香水の香りは確認できません。

特につけてすぐは香りがきつく感じることが多いですよね。

なのでミドルノートになってからの香りで判断するべきです。

ざっくりですが、この香りの変化を紹介していきます。


トップノート

付け始めから10~15分までをトップノートといいます。

すぐに香水が気体になることによって一気に香りがたちますが、時間が短いためすぐに弱まっていきます。

香水によってはきつく感じることもありますが、香りをトップノートだけで判断してはいけません。


ミドルノート

次にくるのはミドルノートであり、トップノートの終わりから2時間くらいまでです。

この時の香りがその香水の本来の核であると判断できます。

周りの人にはこのミドルノートの香りが一番印象を与えています

ラストノート

ミドルノート後の2~3時間続く香りがラストノートです。

香りが薄くなっているため香水をつけていることに気付いてもらえないかもしれません。

香水によりますが、ラストノートになって香りが消えかけていたらもう一度プッシュするのもいいでしょう。


香水の付け方

一番重要なのが香水の付け方です。

せっかく買ったのはいいけど付け方を間違えたら台無しですよね。

付け過ぎで悪い印象を与えたり、つける部分を間違えていたり、そんなことにならないように付け方を紹介します。


香水をつける量(何プッシュがいいか)

香水を付ける量って気になりますよね。つまりプッシュの回数です。つけすぎると周りの人に迷惑がかかるし、かといって少ないと香りをアピールできない・・・。

さて、何プッシュするべきか?

答え⇒1~2プッシュです。

ちなみに私は「うわ!この人くさい!」って思われるのが嫌なのと、電車に乗ることが多いので1プッシュにしています。

デートの時とか香りに気付いてもらいたくてプシュプシュつけまくる人がいると思いますが、逆に悪い印象を与えてしまいますので、多くても2プッシュで抑えましょう。


どこに香水をつけるべき?(つける位置・場所を確認)

これはいろいろな意見があるのですが、メンズがつけるべきおすすめの場所を紹介します。

よく香水を手首につけてこすり合わせて最後に首につけるというのがありますが、これは間違いなので気を付けてください。

香水をこすり合わせると摩擦によって香水の成分が濁ってしまうことがあります。香りが変わってしまい長持ちしなくなるなのでプッシュしたらこすらないようにしましょう。

また、香水は肌につけるものです。服につけると臭いがとれなくなるので注意してください。

男性の場合、付ける場所は6カ所あります。

①手首

一番基本的なのは両手首です。手首につけると自分で香りがどのくらい残っているかを確認することができるのでオススメです。

② 耳の後ろ・うなじ

これも定番です。私の場合は①の手首につけた後、そのまま残ったのを耳裏の後ろにつけています。

ちょっと香りが広がりすぎるので飲食店に入る時は注意してください。


③背中

背中というのは肩越しの背中という意味です。つまり背面の首の下あたりですね。

付け方は香水を持った手を肩の後ろのほうにもっていき、香水をプッシュしてください。

ほんのりと香るため、あまり臭いを主張させたくない人にオススメです。

④腰

腰から脇腹あたりもオススメです。

お腹につけると正面にいる人だけに香りが向いてしまうが、腰だと周囲に香りを漂わせることが可能です。

⑤ひざ裏

履いているズボンにより香り過ぎを防いでくれます。どれだけ香りが残っているかを確認できないのが難点。

⑥くるぶし

香水はアルコールなので下から上に香りがあがっていきます。

この特徴を生かしてくるぶしにつけるのもオススメです。もちろん靴下は脱いで直接プッシュしてください。

夏のショートパンツスタイルの時に実践してみましょう。


最後に

今回は男の香水の基礎知識をまとめてみました。

基本的に香水は自分を表現する手段です。

そしてその香りはその人の印象になって残ります。

昔お付き合いしていた彼女の香りって記憶に残っていませんか?

記憶に残るくらい香りは重要なんです。

是非、自分の香りを持つ男になりましょう!

それでは!よかったら参考にしてみてください。


おすすめの記事