ここ最近メンズから注目されている練り香水。普通の液体の香水とは違いクリーム状なので香りが飛びにくく持続時間がじゃっかん長いことで人気を得ています。

練り香水はまだそれほどメジャーではありませんが、ほのかに香る爽やかで品のある香りが徐々にメンズから注目されてきました。

今回!練り香水に関してメンズの情報が少ないため、この記事でわかりやすく特徴を解説していき、最後におすすめの練り香水をランキングで紹介したいと思います。

これから練り香水を買おうか悩んでいる人は参考にしてみてください。

練り香水とは何?持続時間が長いのは本当?

練り香水とは香料を練り込んだクリーム状または軟膏のフレグランスのことです。

基本的にはクリームケースのような丸い容器に入っているものと、スティック型の2種類があります。

バーム状なので指で直接肌につけて香りを楽しむという特徴があるのですが、普通の香水と違い液体ではないので香りが飛びにくい?と思ってしまいますよね。ですが、香りの持続時間は長くて6時間、短くて2~3時間くらいだと考えてください。

一般的な香水の持続時間は2~3時間くらいです。季節にもよりますが、ほとんどの練り香水でもだいたいこれくらいの時間で香りが飛んでなくなってしまいます。

練り香水は香りが長持ちするというのは間違いではありません。商品によっては6時間持続したという練り香水もあります。ですが、普通の香水同様これくらいの時間で香りが消えていくという認識で購入したほうが良いと思います。

期待外れになってしまうパターンが多いので、一日中香りが残る?とは思わないでおきましょう!

練り香水のメリットは?

練り香水には独自のメリットがあります!持続時間はそれほどありませんが、売れているには理由があるんです。

練り香水は普通の香水とは違い、つけた瞬間のアルコール臭さや、鼻にくるツ~ンとした匂いはありません。ふんわりと香りが漂います。つまり香水ほど強烈な香りではなくほのかに香ってくれるため、周りの迷惑になりません。このことからビジネスなど幅広いシーンで使える香水として注目されるようになりました。

外出時に香水をつけようか躊躇する時ってありませんか?電車に乗る日や飲食店に行く時など。。。周りの人に嫌がられたらどうしよう・・・って思う時ありますよね。そんな時にこそ活躍するのが練り香水なんです。周りの人へ心使いをしなくてはならない日には大活躍してくれます!

また、練り香水は小さくて重さが軽いので持ち歩きに便利だということ。バッグの中がかさばらないので、香水を携帯できるというメリットもあります。一般的な瓶の香水をバッグに入れると意外と重たくなりますよね?そう考えると練り香水は外出時に気軽に持ち歩くことができます。

今現在で販売されている練り香水の容量は30~50グラムくらいです。少ない?って思ってしまいますが、使ってみると意外とこれくらいの量でも長持ちします。少量で香ってくれるものなので、付け過ぎなければ1つで数か月は持ちます。そこまでコスパは悪くありません。

最後のメリットは使う量の調節がしやすいこと。リキッドの香水だと1プッシュでぷしゅ~っと大量に飛び出てしまいますよね?練り香水はバーム状なので自分の加減で量を決めることができます。

以上が練り香水のメリットになります。

練り香水の使い方を解説。どこにつけるといい?

練り香水の使い方はいたってシンプルです。指でバームの表面をなぞるようにして取り、香らせたい部分につけるだけです。

この時に注意したいのはクリームをとりすぎないようにしてください。練り香水は少量でも香るようにできています。べっとり付けてしまうと、減りが早くなりコスパが悪くなりますよね。。。注意しましょう。また、この時に指の腹でクリームを取るようにして下さい。爪の中にクリームが入ってしまうと後でやっかいなことになります。

練り香水はどこにつけると良いのか?って思いますが、結論から言うと普通の香水を使う時と同じです。

おすすめは首筋手首です。夏場でハーフパンツを履く人は足首でもかまいません。下からほのかに香りが上がってきてアピールすることができます。稀にですが、女性では髪につける人もいます。髪が長いので動いた時にふわっと香らせることができるからです。

おすすめのメンズの練り香水ランキングTOP7

メンズにおすすめしたい人気の練り香水をランキングで紹介させていただきます。どれも香りの評判がいいものなので自信を持って紹介します!

個人的な主観とネット市場の調査からランクを付けましたので参考にしてみてくださいね。

1位:NULL パヒュームクリーム

メンズ化粧品ブランドNULL(ヌル)の練り香水です。

きつすぎない自然なシトラスの香りで評価が高く、ネットのレビュー数もかなりの数を誇っています。嫌味のない香りは香水選びの一番重要なところ!まさに周囲から嫌がられない優しい香りなのでメンズから人気があります。

さりげなく香らせたい人に一番オススメできる練り香水です。

肌を乾燥から守る保湿成分も含まれているので肌に優しいところもポイント。すべて国産の成分なので安心できますよね。

香りの変化

トップノート:ウォーターレモン、シダーリーフ、ユーカリ
ミドルノート:ジャスミン、ミュゲ、ローズ
ラストノート:ホワイトムスク、サンダル、アンバー

2位:ボディセンス

こちらは女性にモテる香水を追求した練り香水です。

どんな香水をつけたらモテるのか?このあたりにフォーカスを合わせて作られたため、女性を引きつける成分が入っているのがポイント。つまり「フェロモン香水」です。

香りはアロマセラピストの方からも推奨されているムスク系が基本で、こちらもほのかに香るのであまり強調せずに香りをアピールすることができます。

男性が香水をつける理由の1つが女性ウケ狙いですよね。女性に臭い!って言われた途端にその香水は使うことはないでしょう。そんなメンズが女性からのウケを狙うのがこの練り香水になります。

3位:プラウドメン グルーミングバーム

男性専門の化粧品ブランド「プラウドメン」から販売されている練り香水になります。

どちらかと言うと紳士な男性をターゲットにしているブランドなので、香りにも品がある印象です。地中海シトラスの香りが女性からの評判が良いとのレビューがあるほどなので、自信を持って使うことができると思います。

こちらも同じくほのかに香る程度なので周りを気にせず使う事ができますよね。

品格のある大人の男性を演出したい!そんな人にオススメな練り香水です。

香りの変化

トップノート:地中海シトラス
ミドルノート:マリン、フローラル
ラストノート:ウッディ、ムスク

4位:LEOMEN フレグランス バーム

主にメンズのコスメを展開している「LEOMEN」というブランドの練り香水です。

ほんのり香る爽やかなシトラスムスクが心地良いという評価が多数あり、メンズからかなりの人気があります。香りが強調されないので、さりげなく香水をアピールしたい人にオススメ。

男くさい匂いではなくて万人ウケする香りなのでどのシーンでも対応できるでしょう。

香りの変化

トップノート:ベルガモット、グレープフルーツ、グリーン・カシス
ミドルノート:ジャスミン、ムゲット、バイオレット
ラストノート:ウッディ、ムスク、アンバー

5位:REGNOS(レグノス) 練り香水 ホワイトムスクの香り

「さりげなく気品ある大人の香り」をテーマにして作られた「REGNOS」の練り香水です。

上品で爽やかなホワイトムスクの香りが特徴。他の練り香水より少し大人っぽい香りがする!というレビューがあります。

柔らかめのクリームタイプなのでよく伸びて使いやすいという意見もありました。

6位:レイヤード フレグランスクリーム

フレグランス専門ブランド「レイヤード」の練り香水になります。フレグランスのブランドなので香りにはかなりの定評があります。

香りは全部でレモンピール、ミステリアスミックス、ホワイトムスク、ローズ&ミュゲの4種類。爽やか、高級感がある、清潔感がある、など男女ともに高評価を得ています。

7位:F'(エフダッシュ) フレグランショット

メンズのフレグランスブランドである「F'(エフダッシュ)」の練り香水です。こちらはスティック型の練り香水なので、クリームが手につくことがありません。リップクリーム感覚で使うことができますよね。

清潔感のある爽やかな香りが男女共にウケが良い!とのレビューあり。

男性の悩みである体臭にフォーカスを合わせているブランドなので、加齢臭が気になっている時、汗をかいた時、こんな時にエチケットとして使うことができます。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

今話題になっている練り香水を紹介させていただきました。

普通の香水の強烈な香りが苦手な人は、ほのかに香る練り香水を試してみると良いでしょう。今現在の練り香水のラインナップでは万人ウケする香りが多いです(ほとんどが爽やかストラス系統)。匂いで期待外れってことはないので、安心できますよね。

コンパクトで持ち歩くこともできるので気になった人は是非!チェックしてみてください。

それでは!よかったらこの記事を参考にしてみてください。

おすすめの記事