【改善策】男の粉吹き肌の原因は何?治し方は?保湿をすればいい?

男性の方で肌が乾燥して粉を吹いてしまう人いませんか?特に冬場は肌がカサカサになり粉を吹きやすいので悩んでいる人多いかと思います。

そんな私も一時期粉吹きに悩まされていました。もともと乾燥肌タイプなので皮がポロっと剝がれ落ちたりすることもあり、悩んだあげく数年前からスキンケアを始めました。

結果、すぐに粉吹きを改善することができました。やり方は非常に簡単です。粉吹きの原因はターンオーバーの乱れと肌の乾燥です。改善策はとにかく保湿をすることなんです。

この記事では私が実践した「粉吹きを抑える方法」を紹介するので参考にしてみてください。

男の粉吹き肌の原因は何?

乾燥肌の男性に多い粉吹き肌ですが、どうして粉が吹くのか?

まず初めに皮膚というのは上から表皮(ひょうひ)、真皮(しんぴ)、皮下組織(ひかそしき)の3層構造になっているということを知っておいてください。

皮膚というのは1か月サイクルで内部から古い皮膚を押し出し新しい皮膚へ生まれ変わる「ターンオーバー」を繰り返しています。3層構造の中で一番上の「表皮」が約1か月で生まれ変わることです。

この表皮(ひょうひ)のもっとも外側を「角層」といいます。

古い表皮は押し出されて自然に剝がれ落ちます。これが「垢:あか」です。垢すりって聞いたことありませんか?あれはターンオーバーで古くなった角層を落とすものです。

粉吹きの原因は実はこのターンオーバーの乱れです。本来役割を終えた角層が剥がれ落ちないでたまっていき、そのまま乾燥して次第に皮としてポロっと剥がれ落ちたり、粉として顔から吹き出てしまうんです。

この乾燥した角層が粉吹きの元になります。

男の粉吹き肌の治し方① 洗顔は優しく泡で洗う

粉吹きを治す基本は洗顔になります。上で乾燥するから粉が吹くと記述しましたが、洗顔の正しいやり方で肌の乾燥を防ぐことが大切です。

男性の方でよく顔を手でゴシゴシ洗っている人いませんか?たしかにゴシゴシ洗うと皮脂汚れが取れた感覚がありさっぱりしますよね。ですが、その洗い方が肌を乾燥させています。

ゴシゴシ洗って顔の皮脂を奪いすぎると、余計に皮膚が乾燥してしまい、洗顔後はカサカサ肌になります。これは経験したことあるかと思います。カサカサになることによって皮膚から粉が吹くようになります。

なので、洗顔は必ず泡で優しく洗うようにしてください。(これすごい重要です)

おすすめは泡立てネットを使うことです(アマゾンや100均などで売っています)。泡立てネットで泡を作って泡を顔に転がすように優しく洗ってください。こうすることによって余分な皮脂だけを取り除くことができ、肌の乾燥を防ぐことができます。

おすすめはバルクオムの泡立てネットです。少量の洗顔料でモコモコの大量の泡が作れます。

これでは顔の汚れが取れないのでは?と思いがちですが、これだけでも皮脂汚れってきちんと落ちるんです。泡が汚れを吸着するイメージだと思ってください。

おすすめの洗顔はメンズスキンケアブランドのHOLOBELL(ホロベル)から販売されている「エッセンシャル保湿ウォッシュ」です。保湿に特化しているので粉吹き肌に向いているんです。25種類の潤い成分が配合されているので、洗顔後に下で紹介する保湿をすれば粉吹き肌は改善に向かいます。

エッセンシャル保湿ウォッシュを公式サイトで見る

正しい洗顔方法をまとめるとこのようになります。

正しい洗顔のやり方

①お湯で顔を軽く洗う(できれば37~38度のぬるま湯が良い)
➁泡立てネットで泡を作る
③顔に泡を乗せる
④泡を優しく転がすように洗っていく(手が肌に触れない程度)
⑤最後は優しく洗い流す
⑥タオルで優しく押し込むように顔の水分を取る(ゴシゴシは禁止です)

この洗顔のやり方を実践すれば粉吹き対策の第一段階は終了です!

男の粉吹き肌の治し方➁ 洗顔後は化粧水で保湿する

洗顔の後に何もスキンケアをしない男性って多いですよね。これはNGです。

粉吹きは乾燥が原因なので、洗顔の後は肌を保湿しないといけません。その時に使うのが化粧水です。これはスキンケアの基本アイテムですよね。

粉吹きの対策として「しっとり系の化粧水」を使うようにしましょう。なぜなら保湿成分が多く配合されているからです。

使い方は至って簡単です。手のひらに適量を取り水気を取った顔に優しく押し込むように馴染ませてください。この時にパンパン!と叩いてはいけません。顔に刺激を与えるのでやめましょう。

化粧水だけでもいい感じで肌の保湿を実感できるかと思います。

おすすめの化粧水は無印良品の「化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」です。あらゆる無印の化粧水の中でも保湿力やしっとり感は上位に入ります。

男の粉吹き肌の治し方③ 最後は乳液で水分を閉じ込める

化粧水で保湿した後は乳液をつけて水分を閉じ込めないといけません。なぜなら化粧水は時間が経つと水分が蒸発してしまうからです。なので必ず乳液はつけてください!

これも粉吹きの対策として「しっとり系の乳液」を使うようにしましょう。油分が多く含まれているので保湿効果が高いからです。

付け方は簡単です。定量を手に取り、肌に優しく顔全体に馴染ませるだけです。乳液は油分が含まれているので、さらに保湿効果を実感できるかと思います。

つけ終わった後、肌を触ってみると少しモチモチなっていませんか?油分なので肌が柔らかくなりますよね。

おすすめはこれも無印良品の「乳液・敏感肌用・高保湿タイプ」です。とろっとしたテクスチャーであり、肌のモチモチ感が実感できるかと思います。

男の粉吹き肌の治し方④ もっと保湿したい人はクリームを使うと良い

ここまで「洗顔⇒化粧水⇒乳液」まで流れを解説しましたが、これでも粉を吹いてしまう人は乳液の変わりにクリームを使ってみてください。クリームとは保湿剤のことです。

なぜクリームなのかというと、乳液よりクリームのほうが油分が多く含まれているからです。なので乳液より保湿効果が高いため、粉吹きにはかなりの効果があるからです。

無印良品の「敏感肌用クリーム」は油分が多く含まれているのでしっとり感を実感できます。

男の粉吹き肌の治し方⑤ 面倒な人はオールインワンジェルを使うと良い

化粧水やら乳液やらで面倒に感じる人は「オールインワンジェル」を使うと良いです。オールインワンジェルとは化粧水、美容液、乳液、クリームが1つにまとまったものです。実はこれ1本で粉吹きは抑えることが可能です。(経験済み)

さらっとした使い心地がするものが多いため、化粧品によるベタつきが気になる人には合っているかと思います。

メンズスキンケアブランド「NULL:ヌル」のオールインワンジェルは私も愛用しているのでおすすめです。保湿力があるのにべたつきがなくサラサラした使い心地です。

NULLオールインワンジェルを公式サイトで見る

「NULL:ヌル」のオールインワンジェルの詳細や口コミ・評判については、こちらのレビュー記事でまとめています。

おすすめのオールインワンジェルはこちらの記事でまとめています。

最後に

以上になります!いかがだったでしょうか?

この記事で紹介したスキンケアを実践して、私自身が粉吹きを改善させたので自信を持って解説させていただきました

粉吹きは厄介なものですが、きちんとスキンケアで保湿をすれば誰でも治すことが可能です。乾燥が原因の肌トラブルはしっとり系の化粧品でとにかく保湿をすることが重要です。よかったらみなさんも実践してみてください。

最後までありがとうございました!

おすすめの記事