女性に人気のフローラル系の香水は近年男性からも人気が高まっています。

フローラル系とは花の香りの香料を使用した香水です。

ローズ(薔薇)やジャスミンなど、花をベースとした香りは女性らしい甘くて爽やかで柔らかい香りが特徴で、実は万人ウケするんです。

女性向けのイメージが強いですが、男性が付けても変ではありません。(むしろフローラル系を愛用している男性有名人もいます)

今回!ユニセックスとして使えるフローラル系の香水を7個紹介したいと思うので参考にしてみてください。

エタニティ―【カルバンクライン】

エタニティの特徴

最初に紹介するのはメンズ用のエタニティーフォーメンではなくレディースの「エタニティ」です。
フローラル系の定番となっている名作です。
少しセクシーな花の香りとハーブの香りがマッチングした高級感のある香りが特徴。
実は男性でもこのレディースのエタニティを愛用している人がけっこういるんです!
男が使っても違和感のない香り(ユニセックス系)なので気になった人はチェックしてみてください。

香りの変化

▶トップノート:フリージア、マンダリン、セージ
▶ミドルノート:スズラン、ホワイトリリー、マリーゴールド、ナルシス
▶ラストノート:サンダルウッド、パチョリ、アンバー

エクラ ドゥ アルページュ【ランバン

エクラ ドゥ アルページュの特徴

女性から圧倒的な人気を誇る「エクラ ドゥ アルページュ」。
もちろん女性用の香水ですが、男性が付けても変ではない香りです。
プロ野球選手の松坂大輔投手が愛用されていることは有名。
上品なフローラル系の香りからラストはムスクの香りに変化していきます。

香りの変化

▶トップノート:シシリアンレモンリーブス、グリーン、ライラック
▶ミドルノート:ウィステリアブロッサム、グリーンティーリーブス、ピーチブロッサム、レッドピオニー
▶ラストノート:ホワイトシダーウッド、スイートムスク、アンバー

ジャンヌランバン【ランバン

ジャンヌランバンの特徴

付けると必ず「何の香水使ってるの?」と聞かれるほど、いい香りを漂わせるフローラル系香水「ジャンヌランバン」。
見ての通り女性用の香水ですが、元プロ野球選手の稲葉篤紀が使用していると話題になり徐々に男性の愛用者も増えているようです。
とにかく!すっごいいい匂いがします。男性にも女性にも好かれる嫌味がまったくない香りです。
ほんのり甘い優しいフローラルの香りが特徴。 (うっすらベリーの香りがします)

香りの変化

▶トップノート:シトロン、ブラックベリー、ペアーネクター
▶ミドルノート:ホワイトフリージア、ラズベリー、ピオニー
▶ラストノート:アンバーグリス、サンダルウッド、ムスク

シャンプーフローラルの香り【アクアシャボン】

シャンプーフローラルの香りの特徴

アクアシャボンのフローラル系といえばこの「シャンプーフローラルの香り」が有名です。
風呂上がりの髪から匂う石鹸とかシャンプーの香りのイメージです。
少しフローラルの香りが甘い?と感じるかもしれません。
癖のない香りなので万人ウケすることは間違いないでしょう。

香りの変化

▶トップノート:アップル、レモン、カシス
▶ミドルノート:ローズ、ジャスミン、アクアノート
▶ラストノート:ムスク、サンダルウッド、シダーウッド

クロエ オードパルファム【クロエ】

香りの変化

クロエの香水で最も人気があるのがこの「オードパルファム」です。
優しいふんわりとした香り、さらには優しいローズ(薔薇)の香りが心地いいです。(ベースはローズの香りです)
甘すぎずきつすぎないのでユニセックスでも通用するため、密かに男性でも使っている人はいます。

香りの変化

▶トップノート:ピオニー、ライチ、フリージア
▶ミドルノート:マグノリア、ローズ、リリーオブザヴァレイ
▶ラストノート:ムスク、アンバー、シダーウッド

フローラ バイ グッチ【グッチ】

フローラ バイ グッチの特徴

男性が使用できるグッチのフローラル系と言えば「フローラバイグッチ」です。
グッチの香水独特の濃厚さを保ちつつ、品のある少し甘めのフローラルが特徴です。
セクシーさをアピールしたい人には是非つけていただきたいです。
女性寄りの香りですが男性がつけても違和感はありません。

香りの変化

▶トップノート:シトラス、ピオニー
▶ミドルノート:ローズ、オスマンサス
▶ラストノート:パチョリ、サンダルウッド

チャンス【シャネル】

シャネル チャンスの特徴

シャネルの「チャンス」はセクシーで上品なフローラルの香りが特徴。
女性用なのですが、実は男性でも愛用している人がいます。
チャンスシリーズはプロ野球選手の西勇輝(阪神)、平沼翔太(日本ハム)、西川龍馬(広島)などが使っています。

チャンスは4種類販売されているのでそれぞれの特徴を紹介します。

・「チャンス」スパイシーフローラル系
・「チャンス オー タンドゥル」フルーティーフローラル系
・「チャンス オー フレッシュ」爽快フローラル系
・「チャンス オー ヴィ―ヴ」爽やか柑橘系

ベースとなっているのはフローラルですが、微妙にそれぞれ香りの個性があります。

香りの変化

▶トップノート:ジャスミン、アイリス、ヒヤシンス
▶ミドルノート:ピンクペッパー、パチョリ、アンバー
▶ラストノート:ベチバー、ホワイトムスク

最後に

以上になります!いかがでしたでしょうか?

今回紹介したフローラル系の香水は女性でも男性でも使えるユニセックス的な香りのものです。

どれも個人的にはいい香りなので紹介させていただきました。

男が女性のフローラル系の香水を使うことをおかしいと思うのは、もう時代遅れです。

今は有名人でも女性の香水を使っている人がいますし、筆者である私もレディースの香水を所有しています。

女性ものでも、いい香りだな~とか、ちょっとよさげだな~と思ったら、気にせず購入することをオススメします。

なぜなら女性用の香水は女性ウケがいいからです。(女性から何の香水使ってるの?と聞かれることもあるでしょう)

女性ウケってけっこう大事ですよね。

それでは!今回紹介したオススメ7選!よかったら参考にしてみてください。

おすすめの記事